2007/12/3 Monday

血の話が苦手な方は読まないでください。

Filed under: 健康・料理 — da-ta- @ 11:05:16

da-ta-です。
血の話が苦手な方は読まないでください。
けっこうグロいと思います。
でも健康についての一応真面目な体験談です。

というのもこの前、
出てはマズい場所から血が出たからです。
ドロっと。

つまり私、
一番アレな所から出血があったのです。

ある夜の事。
ベッドにいた私は、下腹部や肌着、シーツが真っ赤に
なっている事に気が付きました。
なかなかの出血量でした。

ストレスを感じると脳内彼女を呼び出す習慣のある私は
「大丈夫よ、da-ta-ちゃん、
私がネットで検索してあげる、大丈夫」
などと慰めてもらいつつトイレに入りました。
腰を抜かして便座に座り込みました。
胸に手を置いて落ち着こうと思ったんですが、
その手が大きく震えてしまいます。
まず下腹部を拭ってからこわごわ見ると、
ケチャップにペタっと浸けたような見た目で、
ゾッとして悪寒に襲われ、全身が震えだしました。

時間が掛かりましたが気合いで立ち上がり、
転びそうになりつつ風呂場に入り、
湯に飛び込んでも震えが止まりません。
湯の中に血が流れ出してしまい
またゾッとして、
「わああ、見たくない」と喚いて
グルグルかき回したんですが溶けません。
桶ですくって外にかき出しました。

(ツケが回ってきた?なんのツケ?
性病は無い。身に覚えが無い。絶対その線は無い。
いや大丈夫。大丈夫だ。大した事じゃない)
と言い聞かせながら震えていました。

検索サイトではたくさんのサイトがヒットしました。
ほぼ全てが真面目な内容でした。
読んでみたところ、珍しくはない症状で、
多くの男性が経験しているようでした。
見た目のインパクトが強烈なので、ほとんどの人が
恐怖におののくそうなのですが、時期がくれば治るらしいのです。
ちょっと安心しました。
しかし、なんだか恐い事も書いてあったので、
安心するには早いと思い、すぐに病院へ行く事にしました。

かなり長くなりそうなので、
病院に行ってからの事は機会があれば次回とかに
書くかも知れません。
大した事ないのか何なのか、まだはっきりはしてないんですが、
とりあえず十中八九大丈夫なようです。薬を飲み続けています。
同様の経験で不安に思っている人がいたら、
病院直行がおすすめです。
「よくありますよー」と軽く言われて拍子抜けしましたから。

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.101 sec. Powered by WordPress ME