2010/8/23 Monday

★オリエンタルラジオのマンガの日☆

オリエンタルラジオのマンガの日(毎週金曜日、吉本ネットテレビにて22時〜23時半まで ) にて松文館の作品を宣伝してきました。

今回は”大菩薩峠”という作品についての紹介でした。

この作品は、原作/中里介山、作画/ふくしま政美、脚本/大西祥平、の時代劇ダークサイド・ロマンな物語でございます。

 番組では、五分間以内のプレゼンということで一番の見どころとして、劇画のすばらしさを実際の原画を使って説明しました。

すると・・・オリエンタルラジオをはじめ皆さん感動してくれました!!

インパクトのある殺りくシーンについてもプレゼンできたので満足でありました。

 なんと・・・大菩薩峠のパネルも作成してもらいました〜吉本さんありがとうです!! 100823_121801.jpg      

 

 

そして残り10秒・・・今月発売の戦国無頼9月号についてもプレゼンできた〜嬉しい!!

最後に、プレゼンをみんながジャッジするのですが、松文館プレゼン結果はなんと・・・・・満点!!!!!!!!!!!!!

全員、全巻買いというパーフェクトな採点になりました!!

みんなの熱意が伝わってよかった・・・^^;

無事、番組も楽しく終了し記念撮影!!

オリラジさん、水玉さん、皆さんありがとうございました〜また呼んで下さいね☆

 100820_2326010001.jpg         

2008/11/18 Tuesday

毎度、書くことがにゃい…ス。

Filed under: テレビ・芸能・音楽 — YAM @ 22:34:17

ここ1カ月、かつてないほどの寝不足に襲われております…このままでは殺される…「CSI」にo(;△;)o
…「CSI」は海外テレビドラマで、次々に起こる難事件を主人公・グリッソムさん率いるCSI(科学捜査班)が、現場に残されたわずかな痕跡から、驚くべきその犯行過程を明らかにしていく…というもので、毎回とんでもない死に方をする死体がわんさか?でてきます。
今はシーズン1〜6まで出ていて、基本はラスベガスが舞台となっているんですが、「CSIマイアミ」「CSIニューヨーク」…と、スピンオフ作品も交互に出たりして…続きが気になって…気になって…。
ひさびさにはまりました…(ρ_;)仕事どころじゃないス…まじで。

2008/9/17 Wednesday

キクリヒメは高句麗姫なのだろうか・・・

Filed under: テレビ・芸能・音楽 — snicker @ 13:11:55

ハセヨー。俺です。
俺ってばもう、ラップってやつが嫌いで嫌いで嫌いで…なんでこんなイライラすんのか…
歌謡曲もホレ、昔だったらギターソロが入ってたとこがラップパートとやらになってたりよ。
こんなの誰が喜んでるのだろう…それは音楽じゃないだろう?と思っていたりする。
かなり古いものになるのだが、ブギウギ、というものがあって…それもエラク嫌な音だった。
すごくイライラする。ぐちぐちくっ喋られるとイライラするのだろうなあ。
あのリズムがまた最悪だ…体調が狂うわい。アホの一つ覚えのぽっぱっぽぽぱ。
もう消えろ。消えてまえ。そして二度と帰ってくるな。
というわけで、ショップ99は好きなんですが、ゆうせんのBGMがいつも嫌。
そんな僕がここんとこ毎日聴いている曲はというと
「赤いトラクター」だったり。
お金をためて田畑買って…大農家になる夢は捨てていないのであります。
毒入り食材だのの騒ぎでこれからますます注目を浴びそうな農業界。
前途多難ではありますが、なんとかなるだろ。食い物が一番大事なんだってば。
おいら樵もできるし…おじいちゃんは鍛冶屋だったしね…
将来のためにも大ヒット漫画を出したいよねぇ…。
っつーわけで皆さん頑張ってください。

2008/6/2 Monday

虚弱ってます。

Filed under: 健康・料理, テレビ・芸能・音楽 — doku-kinoppy @ 21:51:53

茸です。

酷い風邪を引いてしまいまして…。引いたのは2週間も前なのにまだ治りません。
ずーっとゲホゴホやっています。
あまりに長い間治らないので、もしや肺炎なのではと思いレントゲンを撮ってもらったのですがその心配はないとのこと。しかし、では何だ、というとわからず、まあただの風邪なんだろうけどよくよく考えてみるとただの風邪ってなんなんでしょうか。インフルエンザとか肺炎とか百日咳とかじゃないただの風邪って。
病名ただの風邪?

そんなこんなでだるだるなんですが、今回の風邪で2日ほどお休みしている間に観た昼ドラが面白くて、嵌ってしまいました。
『花衣夢衣』というドラマで、戦後の日本が舞台で、美人の双子姉妹が織りなす甚だしくドロドロした愛憎劇です。

大筋はこんな感じです。
・双子の姉真帆が妹の身代わりで米兵とデートしてレイプされてそれがもとで子供を産めない体になる。
・真帆老舗の呉服屋の坊ちゃんと恋に堕ちる。
・真帆子供が産めないので黙って身を引く。
・理由が分からないまま失恋した坊ちゃんその後見合いで真帆とそっくりな双子の妹澪と会い結婚する。
・13年経つ。
・澪二人の子供に恵まれ呉服屋の若女将として幸せ。
・13年も経ったから坊ちゃんのことは吹っ切れたと思いこんだ真帆、坊ちゃんと再会する。
・案の定焼けぼっくいに火か点く。
・その後はもう救いようのない不倫地獄ですわ。

どうですか。てんこ盛りじゃないですか。今まで何百という数の同じ様なドラマがあったと思いますが、昼ドラって言ったらやっぱこれだね〜、ロッテのトッポ〜ですよ。
まず、舞台は昭和初期とか戦前戦後とか鹿鳴館のころじゃないといけません。昼ドラのもう一つの王道として『大好き!五つ子!』みたいなテイストの現代物がありますが、そっちはあまりそそられませんの。所帯じみてて貧乏くさいから。同じ貧乏なら没落華族の方が好みです。そして戦後のごたごたで平気でレイプとかしますからね奴らは。お昼の1時半から。『ごきげんよう』の後にレイプですよ。エキサイティングな昼下がりです。考えてみれば、今までもたまに昼ドラに嵌って3カ月毎日録画して観てた時がありますが、思い出してみれば全部ヒロインがレイプされてます。
『真珠夫人』『牡丹と薔薇』『緋の稜線』『新・愛の嵐』とか…。『真珠夫人』はヒロインが最後の最後まで処女で最終回でやっと結ばれて終わり、という話でしたので最後までされるレイプはなしでしたが、もうほとんどそれやられてるも同然ですから!と言いたくなるようなネットリしたシーンは何回もありました。いやらしい大和田伸也に舐めまわされる横山めぐみ!赤い長襦袢で接客する処女なのに娼館の女将な横山めぐみ!思い人の奥さんが横山めぐみへの嫉妬に狂って娼婦として働きに来ちゃったり旦那さんに「これでも食っとけ!」とばかりにたわしコロッケを出したりと爆笑シーンに次ぐ爆笑シーンの連続で目が離せませんでした。『牡丹と薔薇』も『真珠夫人』の正統な後継者的な作りで笑わせてくれましたし、なんといっても小沢真珠という新たなTVスターを作り出した功績は忘れてはいけないでしょう。レイプされる小沢さんの「ぎゃーっ!」という闇を切り裂く悲鳴の面白いことったら…。小沢さんならではのトリッキーな演技にこれまた爆笑でした。『緋の稜線』では森下涼子がレイプされるんですがこれがまた見合い相手に一目惚れされて暴行されそのまたすぐ後に幼なじみにも連続レイプ!という世にも悲惨な展開で、森下さんの場合レイプされているときの嫌がり方が半端無くて本当に血管がぶち切れそうになるほど泣いて叫んで「嫌ぁぁぁぁっ!嫌ぁぁぁっ!」って、観てるこっちが息苦しいわっちゅう、まあ、なんかそんくらいしか覚えてないんですけど、昼ドラにレイプはごはんにはみそ汁でしょうってくらい定番なわけで…。
う〜ん、こうやって思い返してみると、『花衣夢衣』は大人しい方かな。でも充分面白いです。リアルタイムで観られなくなってからも続きが気になるので録画して観てるんですが、今はもう真帆と澪両方の間を行ったり来たりする坊ちゃんが最低で「お前は気まぐれオレンジロードか!」と画面に向かって罵倒しています。
すっごく楽しい。

それと、もう一つ。
これも休んでいる間につい観ちゃってその後も録画し続けている、MXテレビ『5時に夢中』。
特に月曜日の中村うさぎと木曜日の岩井志麻子の下品さに心奪われてます。

2008/5/7 Wednesday

「長澤まさみ や 宮崎あおいが来た」「こんなに美味い油揚げがあるとは」

Filed under: 健康・料理, テレビ・芸能・音楽 — da-ta- @ 11:31:42

1
長澤まさみと明石家さんまが近所で撮影をしました(去年の秋)。
見物できなかったので残念でした。
二人ともすごくイイ人だったと好評でした。
特に長澤まさみは滅茶苦茶礼儀正しいらしいです。

宮崎あおいがカメラのCMに出てるのを見ました。
ロケ地がウチから徒歩3分の場所だったので興奮しました。
見たかったです。


知人宅の鍋を見たら味噌汁が入ってました。
油揚げが美味そうでした。

油揚げは嫌いではありませんが、好物というほど好きでもありません。
でもとにかく美味そうに見え「ゴクリ」となったのです。

「この味噌汁食っていい?」
と言って食べてみたら、
ゾクゾクするほど美味かったです。
「美味しい!なんでこんなに油揚げが美味いの?」
「やっぱり分かる? ある店のオリジナルなんだよ」
「高い?」
「そうでもない。でも美味しいよね」
「すげえ美味い!なんだこれ!?この油揚げ、本当にめちゃくちゃ美味い!」

2008/3/28 Friday

脳内恋愛

Filed under: テレビ・芸能・音楽, 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 12:08:55

歴代脳内恋人

●昭和60年前後(小学4年くらいの頃)

ジュディ(ブラックエンジェルズ)

瞳(キャッツアイ)

●昭和末(高学年)

高井麻巳子

●平成元年頃(中学時代)

渡辺満里奈

●平成4年頃(高校時代)

田中美佐子

●平成6年(大学一年)

キョンキョン

●平成8年頃

ヒロスエ(広末奈緒じゃない方)

田中美佐子は16歳年上なので、

俺が17歳の時、田中美佐子は33歳。

年上好きだったんだなあ、と思います。

学生の時、

キョンキョンと渡辺満里奈を交代で

空想に登場させてました。

私は独り言とか言うので、

「マリナ、おいで、映画が始まってしまうよ。

……間違えた、

今日はキョンキョンの日だ。

今日子ちゃん、お母さんとお父さんが旅行って本当かい?

…………やっぱ、マリナにするか……」

とか暗い部屋でブツブツ言ってました

(本当に言ってた)。

しかし、空想というのは思い通りにいかない

場合があり「今日はマリナの日」と思っていても、

顔が浮かばない時があります。

諦めて「たまには新人にしよう…」と

当時の人気アイドル(名前を忘れた)を起用。

そういう事をしていると、

空想の中で、アイドルや渡辺満里奈や小泉今日子が

ごっちゃになり、スロットマシンが回転するのと同じように、

数人の女性像がグルグルと交代で現れ、

不思議な事に近所のオバチャンが紛れ込みます。

「オバチャン去れ!」と念じると、逆に

イメージが強化され、近所のオバチャンのランジェリー像が浮かんでしまいます。

気色悪いのでアイドルを気合いで呼び戻し、(良かった)とホッとするも、

最後の最後の瞬間にランジェリーオバチャンが……。

2007/11/20 Tuesday

秋の夜長のTV鑑賞

Filed under: アニメ・特撮, テレビ・芸能・音楽 — koo @ 19:22:04

 夏くらいまではくだらなくて見てらんねぇと思ってたのに、
いつのまにか毎回欠かさず見るようになってしまいました。
フジテレビ、月曜深夜のお笑い番組「COMBAT」。
秋の番組改編から週1回放送になり前よりつまらなくなったとの意見もありますが、
ヲバ芸とかパニパニパーティのテーマとか、ついつい口ずさんでしまうほど楽しんでおります。
とくにヲバ芸・長瀬トモヤ編は傑作で、よくYouTubeで見てたんですが、
それをうっかり子供(5歳男児)に見られてしまってしまったから、さあ大変。
日常会話の途中に「ウリャホイ、ウリャホイ!」と
珍妙な合いの手を入れるようになってしまったわが子に言葉を失うわたしです。
パニパニパーティのテーマは、
「お父さんの趣味はコスプレ」というコントで毎回出てきます。

「♪秋葉の万世ビルでランチハピナス
だってパニパニしたいノス
くるくるのニョンニョン
石丸電気の奥にオノデン坊や
だってパニパニテラカワユス
キモキモねティンティン〜♪」

みたいな歌詞を、コスプレお父さんたちが
某なんとかハルヒの曲のフェイク風アレンジで歌い踊るというものです。
これだけは子供には見せないようにしなきゃ。
「これなあに?」と
無邪気に質問されても、どう答えればいいのかわからんし…

2007/11/2 Friday

サフラン色の不思議

原田真二の『タイムトラベル』という曲をご存知だろうか?
代表曲『キャンディ』に次ぐ認知度、『愛してかんからりん』よりはヒットした名曲。
「時間旅行のツアーは如何?」と繰り返すサビを記憶している方も居るかも知れない。
その中のフレーズに「蕃紅花(サフラン)色のドアを開けた〜よ」という箇所があって、
当時の私は「サフラン色って何色?」と悩んだものだった。

今年の猛暑の影響か、秋なのに咲いてしまう春の花に混じって、
我が庭でもやっと咲き出した秋の花、サフラン。
土に植えないで机の上に転がしてても、
日照さえあれば開花するほど手が掛からない球根だ。

花はきれいな紫色なのだが、特徴的なのは三本の赤い雌蘂。
この雌蘂を乾燥させて集めると、世界一高価なスパイスとなる。
香辛料としてのサフランの使い方では、
成分を抽出したお湯で米を炊く「サフランライス」が最もポピュラーだろう。

そこで「サフラン色」の謎に戻るのだが、
サフランライスは俗に「黄色」である。
そんなことから、当初の私は「サフラン色=黄色」と思いこんでいたのだが、
実はスパイスとしてのサフランは、雌蘂の色通り「赤い」のだ。
スパイスに凝ってた頃は「サフラン色=赤か黄」と信じ込んでいた。
更に最近、花を愛でるようになってからは、
「サフラン=紫」という方程式が頭に刷り込まれてしまっている。

果たして松本隆はどのように考えて作詞したのか。
また原田真二はどう思って作曲し、歌ったのか。
何故か今頃になって、気になってしょうがないSCATなのだった。

image.space.rakuten.co.jp/lg01/81/0000578681/13/imgc7798c34zik0zj.jpeg

2007/10/24 Wednesday

知人が女子アナと飲み会をしたのに私は呼ばれなかった。

Filed under: テレビ・芸能・音楽, エロ・性癖 — da-ta- @ 11:29:39

エロda-ta-です。

昔、「アタシのテクに男はメロメロ。しかもアタシとHすると、
その男はグレードがアップする。何しろ恋愛経験が超豊富だから」
と言っている人がいまして、
ある夜、幸運な事にアップグレードしてもらえる事に。
ところが私は、凄い力でモノを引っ張られました。
「凄い力」というのは、
「頑固な雑草を引っこ抜く」位の力で、
「ぐあ、ぐああああっ!」と悲鳴を上げたら、
「うふ、感じてるの〜?」と言われました。
いきなり痛いことをされると、考える余裕もなく、
反射的に悲鳴を上げてしまうものです。
速いスピードで何度もグイグイされたんですが、
何が起きてるのかすぐには分からず、制止するのに時間がかかり
「デッ、イデッ、グアッ」と言って、のたうっていました。
大げさでなく、怪我するくらい痛かったです。
皮膚が切れたりしてないか後で調べました。
SM的にやってる様子はなく、普通の力加減だと
誤解してるようでした。
経験豊富というのが単なる嘘なのか、
何か事情があるのか、
でも一体どんな事情・理由があるというのか……。
不思議な体験でした。


友人が女子アナと飲んだそうです。
その友人はテレビや芸能とは無縁の職業です。
でも非常に真面目な人なのでホラ話とは考えにくく、
じゃあマイナーなアナウンサーだったのかなと思いました。
ところが名前を聞いたら、
女子アナ人気ランキング上位〜最上位の3人でした(本当)。
しかも、男3人対女子アナ3人の少人数だったそうです。
知り合いの、そのまた知り合いがそういう関係の職業で、
たまたま「呼ぼうか?」という展開になり、同席できたとの事。
「呼ぼうか?」で来るなんて秋元康かよ、と思いました。

「すごい美人だよ、直視できないよ」と言ってました。
くやしいので、
「威張ってたり、態度デカかったりするんでしょ?」と訊いたら、
「性格良かったよ。普通に話してくれるし」と言ってました。
なんで呼んでもらえなかったのだろう、変態だからだろうか、
と思いました。

2007/10/5 Friday

「有名人が来た店」は色々あるのでしょうが

Filed under: テレビ・芸能・音楽, 思い出 — da-ta- @ 10:41:58

ある店で食事をしていたところ、
「この店は有名人が来る」
という話題になり、
記念写真を見せてもらえる事になりました。

「飲食店」で「有名人が来る」というと、
石ちゃん やヨネスケだろうか、と思い
石ちゃんが店の主人と並んで写ってるようなのを
想像しつつ、アルバムを開くと、
「えっ!? もしかして……」
「はい、ウィルスミスです」

「え、なんで!? 来たんですか!?」
と騒ぎ、ページをめくると超美女が写っています。
「名前思い出せないんですけど、誰でしたっけ?」
「ペネロペ・クルスです」
「やっぱり!? すげえ!」

この店の主人(けっこうカッコイイ)
は何者なんだ。大物なのか。
とひたすら驚きまくったのでした。

ちなみに食事は
もの凄く美味しかったです。

Next Page »

HTML convert time: 0.127 sec. Powered by WordPress ME