2008/2/27 Wednesday

まー言うても今年はノミネートされなかったんですけどー

Filed under: コミック・小説・読書, 映画・DVD — doku-kinoppy @ 11:51:50

茸です。

月曜日のyamのブログ、デビューさせたのは私です。
デビューさせたって、なんかプロデューサーみたいな。小室か。
yamと行った二丁目のゲイバーにはその前にtaka部長とも行ったことあるので、もう松文館ボトル入れてもいいんじゃないか、別に。どうですか、taka部長。部長のポケットマネーで。

さて、先日テレビで、日本のアカデミー賞の番組を観てたんですが、まー賞レースに関係ある作品は軒並み観てないわ、私。邦画いっぱい観てるのに、賞取ってる作品だけ観てない。『続・三丁目の夕日』『東京タワー』『オリオン座からの手紙』など。新垣結衣ちゃんと三浦春馬くんが新人賞を取った『恋空』も観てまへん。なぜだー。
いやー、観てないからどんだけ素晴らしかったのか分からないけど、ホントなのかな…。ホントに賞を取るほど良かったのかな…。んん、観てない物を批判はできないけど、なんか…なんか信じられない。この流れで行くと来年の日本アカデミー賞は『母べえ』が取るってもう決まってるんじゃないの?的な…。いや〜、ええ〜?んん〜…。まあでも、やっぱりヒットした映画には違いないんだから良かったんだろな。それにテレビ観てる人の大部分が存在も知らないような映画を表彰したって観てる人面白くないもんね。そういう意味で正しい評価なんでしょう。けど、コーナーの一部でいいから誰も知らないような、でも素晴らしかった映画が受賞できる賞もあってもいいんじゃないの。観てると絶対単館系の映画には賞は出てないけど、全国で何百という映画館で掛かっている大作にしか良い作品はないって事はないでしょ。まあ、賞レースに関係なさそうな映画作ってる人は賞そのものにも興味なさそうだけど、評価する側はいろいろ評価しようよ。

そういう観点で言うと、毎年やってる文化庁メディア芸術祭のマンガ賞は国がやってる催し物の割にいつも良いとこに目をつけてる。初めて行った時はそんなイベントがあることも知らなかったけど、自分とこのマンガがノミネートされたのでいっちょ覗いてみるかと思い恵比寿まで足を運んだのですが、予想と違ってすごくちゃんとしててびっくりした!もっとしょっぱい感じなのかと思ってたのに(なんせ国がやることだから)、大々的で面白くてしかも文化的。一日中居ても飽きないぐらい盛りだくさんで実際ちょっと観てすぐ帰るつもりだったから歩きにくいヒールで行ったんだけどすぐ後悔。すごく歩きました。次の年からは運動靴ですよ、運動靴。今年は恵比寿から六本木に場所が変わって黒川紀章が作った美術館でやってましたけど今年のも良かったですよ。いつも何が良いってね、章を取ってる作品が納得行く物なのが良いんです。大体ね、全国に何百とあるマンガ出版社から毎年毎年ウン千冊というマンガ本が出てるわけで、そんな中でウチのような大手ではない出版社のマンガ本がノミネートされるってことがすでに凄いことだと思うわけです。探すの大変でしょう。自分で言うのもなんですが、よく見つけてくださいましたと思うわけです。あれは公正な審査協議の上で決めてると思うよ。なんかありがとうございます。で、今年の優秀賞に選ばれてたマンガが、昔ちょっとだけアシスタントしていた事がある先生のところで一緒にアシスタントしていた方の作品だったので感慨深かったです。あんま仲良くなかったけど、作品は面白かったです。帰りにブックファーストに寄って全巻買いました。先輩、認められて良かったですね。って、私が言うのも僭越ですが…。プロフィールを読むと、認められるまでかなりの苦労と挫折を乗り越えてこられたようだったので、ますます良かったです。ほんと、当時は態度悪くてすみませんでした。

話の流れついでにウチがかつてノミネートされた作品でも列挙しときますか。宣伝、宣伝。

『狐の魂呼ばい』カメイ与五郎太

狐の里を追放され、烏天狗・黒羽(くろは)の邸に住まう棕櫚(しゅろ)と柚々(ゆゆ)、白栲(しろたえ)。平穏な生活。すれ違う想い。物ノ怪──。
圧倒的人気を博した前作に続き、満を持してお届けする心に染みる物語集。

2巻の文字テキストをコピペ致しました。そう、これ1〜2巻出てます。買ってね!おもちろいよ!

『なんどもなんども恋をする』KUJIRA

十代の少女の恋愛とセックスの短編集。過剰な自意識、独占欲、無知、コンプレックス、誰からも愛されていないという孤独感――そういう心理と上手く付き合う方法がまだ解らなかった頃、目の前の恋に夢中になって自分と相手は違う人間だという事も分からなくなる程熱くなる、それだけが全てだった。そんな女の子なら誰でも覚えのある心の痛み、まるで昨日のことのように鮮烈に蘇えらせる驚異の感性を持った作家のデビュー単行本です。作品解説を、漫画家の多田由美氏に寄せて頂きました。

『プッタネスカの恋』天堂きりん

カリスマ的人気を誇る作家です。収録作品は、「プッタネスカの恋」「ノゾミノカナタ」「ヘルスの女」「キューバ」「グレープ」「白日」の6本です。表題作の「プッタネスカの恋」は今でも読者から版元に「コミックスは出ないんですか?」と問い合わせが来るという伝説の名作です。ちなみに「プッタネスカ」とは、パスタ料理の名前でオリーブオイルとアンチョビのパスタです。日本語に訳すと「娼婦」の意味です。劇中に「彼がプッタネスカを食べる日。それはあたしを食べちゃう日」とあります。ここが切ないポイントです。

松文館のホームページの本の解説をコピペしまくってやったぜ!

さあ、こんなもんで。どれも本当にオススメなので買うてください。本屋さんで探しにくいと思いますが(そう、だから文化庁の審査員の人ホント偉いなって…ホントありがとうございます)通販もやってますし、書店の人に「松文館のコレ」って言って下さればお時間多少頂きますが確実にお手元に!

では!宜しくお願いいたします!!

2008/2/26 Tuesday

結果は結果。

Filed under: 健康・料理 — pepe @ 18:12:37

ああ、ドキドキした。どうもぺぺです。

健康診断の結果がきました。
身長が1センチ伸びて、体重は変わらず!視力が落ちてました。
この歳になって、はたして本当に身長が伸びたのかは分かりませんが、結果は結果。嬉しいですvv
体重が一切変化がなかったのには驚きですが(確実にお肉は存在しているのに)、視力が落ちていたのがとてもショックです。
眼鏡かけて1.0のはずなのに、両目とも1.0切ってました…。
これじゃ眼鏡かけている意味がない。作り直さなきゃ〜。
裸眼だとどれくらいになってしまっているのか怖いです…。
とりあえず全体的に結果が大丈夫だったのと、健診が終わったのとで、お菓子モリモリ食べちゃってます。

健康診断の意味ってなんだろうね…?(爆)

2008/2/25 Monday

デ。ビュー。。。

Filed under: 近況・その他 — YAM @ 22:05:49

あ、よかった〜。まだ1日しか更新止めてません、yamです。

ヤバイ…。何も書くことがないス…。
あ、そういえば。
こないだ初めて新宿2丁目に行きました。
べろんべろんに酔いながら…
『いい加減にしろよ!このブスッ!!!』
『女なんか来るんじゃないわよ…この×××野郎〜〜!!!』
などなど…男の人に罵られる《快感》を、ひっさしぶりに堪能させていただきました…。
ただ、そのうち「松文館ボトル」とか…フツーに入れてそうな自分が怖いですが…。

2008/2/21 Thursday

スプリングエフェメラル

Filed under: ガーデニング・ペット — SCAT @ 15:46:43

まだまだ寒い日が続いておりますが、
続々と芽吹く春植物を見ていると、春の訪れを感じます。
早い物は1月中に、2月現在では殆どの春咲き種が、
元気に芽を出してます。
恐らく地温や日照時間等の変化に反応するのでしょうが、
こと季節の移ろいに関しては、
現代人ってかなり鈍感なのかも知れない、などと思う次第です。

さて、我が家の草木達はどうかというと、
今年の一番乗りはやっぱり、スノードロップでした
(昨年から咲きっぱなしのものも一部ありますが……)。

昨年早々にエルウェッシーの苗を幾つか購入し、
さらに追加でニヴァリスも……というくらい好きなお花です。
かなりの小ささと地味さで、
日当たりの良いアプローチの棚に置いとくと、
家に面した道路からは見えないくらいなのですが、
個人的に一目惚れした4つの花(通称:我が庭の四天王)の一つで、
この花がなければ、こんなにガーデニングにハマることもなかったかも。
案外近所で見かけないのもポイントですね。

ホントは地植えにして群生させたかったところですが、
大型のエルウェッシーでも15cm程度、
ニヴァリスは10cm前後の小ささなので、
現在どうしたものか思案中です。
昨年の高温多湿の夏を、なんとか乗り越えて咲いてくれたので、
花後に植え替えと(珍しく)お礼肥でもあげようか、
などとも考えてます。

うつむき加減にそっと花をつけるスノードロップは、
早春に咲いて夏前にはあっという間に見られなくなる、
典型的なスプリングエフェメラル(春の妖精)。
栽培は、夏越しにさえ気を付ければとても簡単なので、
オススメのお花です。

(2008/2/17)
[手前の葉はギンバイカ、背後はヒメイチゴノキとユスラウメ、ダイアンサス]

image.space.rakuten.co.jp/lg01/81/0000578681/26/img81276d87zik7zj.jpeg

2008/2/19 Tuesday

のっぷい

Filed under: 健康・料理, 旅行・イベント — koo @ 19:36:10

前回書いた雪見&温泉の話の続きです。
とりあえず山梨県の日帰り温泉に行ってきました。

前回書いた小海線(山梨県小淵沢〜長野県小諸間を運行)方面はちと遠いし、電車の本数も少なく、もし日帰りで行くなら朝早く家を出発しなきゃならんということで止めました。
かわりに甲府駅から出ている身延線に乗って甲斐上野駅で降り「みたまの湯」という日帰り温泉施設に行ってまいりました。

山梨には「ほったらかし温泉」という絶景の日帰り温泉スポットもあるのですが、ここは最近有名になりすぎて県外のお客さんが増えたらしく週末なんかはすごく込んでる。いままで3回くらい行ったのですが(嫁と子供はその倍以上行ってる)、前回行ったときにめちゃくちゃ込んでたので、最近は敬遠してます。

さて、この「みたまの湯」ですが、名前だけ聞くと宗教がかってそうですが、実際はそんなこともない、ごくごくローカルな日帰り温泉施設です。建物も結構新しく、個室お座敷では地元のおっさんたちが昼から宴会をしております。
我々はちょうど一年ぶりくらいで、今回2回目でした。

ここはお湯もいいんですが、食事どころの食べ物がやたら美味しい!
とくに地元の野菜がすこぶる美味で、その野菜を使ったサラダや鍋物など、
ホント何を食べてもうまい。
日帰り温泉施設って食べ物がどうしようもないところが多いですけど、
ここは、そういう面でもおススメです。

ここは別名「フォッサマグナの湯」といまして、フォッサマグナ(日本が乗っかってる北米プレートとユーラシアプレートの境目みたいなかんじ?)からお湯をくみ上げてるのだとか。
で、フォッサマグナが関係してるかどうかは知らんけど、この地域の土壌がちょっと特殊らしく、土がきめ細かくて肥沃なんだそうです。
その土のことを「のっぷい」と言うんだそうですが、
その「のっぷい野菜」と甲府盆地を見渡せる露天風呂がウリなのです。

温泉施設の前にある地元野菜の直販所を見るのも楽しみのひとつ。今回は大塚にんじんという、やけに長〜い人参を買って帰りました。

雪はちょっとしかなくて雪見温泉とはいかなかったけど、そのあと東京も大雪が降ったので、まぁいいか。
 

十年愛」は、かなりエッチぃ。

Filed under: 近況・その他 — snicker @ 0:14:11

と、宣伝かましておいて、と。
…日付変わっちまったおい。。。

色々飲んだあとのアルミ缶。
これってかなり高級な資源なのよねえ。
拾って集めて生活資金にしているおじさんたちもいるし。
自分が飲んだ分は自分の財産としておきたいものよねぇ。
というわけでちまちま集めているのですが、
なかなかたまらないっつかー
汚く見えるらしくていつの間にか捨てられています。
…しょーがないっかあ〜
でもいずれ大量に集めて換金したり、
アルミ細工をしたりしたいものですぅ。
考えただけできゅんきゅんしちゃいますぅ
きゅんきゅーん
…考えるだけにしとけって?
へっ。

2008/2/16 Saturday

ガンバレ、オレ……

Filed under: ゲーム — N2 @ 2:06:07

何かを得るためには、何かを犠牲にしないとならないのか……N2デス。

今週は、ヴァレンタインデーがありましたね。
皆さんは、チョコをもらったorあげれたんでしょうか?
え?私?もちろん沢山もらいましたよ☆





全て義理チョコですがなにか?(ノД`)シクシク
いや、義理でもいただけるだけでとっ〜〜ても嬉しいんですよ!
人生唯一のモテ期だった中学以降、もらえるのは母からのチョコだけでしたからね(泣)
ボチボチ本命チョコももらいたいですなぁ……
会社の机に並んでいるフィギュアや雑誌などがなくなれば状況も変わるのでしょうか?
いやしかし、それらは仕事をするうえで自分のテンションを上げていくための大事なアイテムでもあるしなぁ……

 

前回のブログに書いた魅惑のゲーム機「エフ・シー・モバイル」を買いました〜〜!
スッゲ〜〜面白れ〜〜!!
家のファミコンソフトを引っ張り出してきて、とっかえひっかえ遊び倒してますよ( ^ω^ )
昔のゲームはやっぱ面白いよ、ホントに。
今のグラフィック頼りのエセゲームと違って、単純だけど中毒性の高いゲームが山ほどありますわ(;´∀`)
会社の行き帰りに電車の中でやってるのですが、まわりから「なに、あれ?」「あれ、ファミコンじゃね?」なんて声がちらほら聞こえてくるのがとても楽しいですな(・∀・)ニヤニヤ
親指が痛いなんて、何年ぶりなんだろう(笑)

 

少し、仕事の話もしておきましょう(;^ω^)
4月に、たまちゆき先生の単行本が発売されます。
タイトルは「Mrs.LOLITA」
姫盗人で連載中の表題作を中心に、ラブラブ&ロリィな1冊になる予定です。
5月は、黒河澪先生の予定。
共に、新レーベルでの発売になりますので、皆様よろしくお願いします。

よし、キレイにまとまった(笑)

2008/2/14 Thursday

散歩

Filed under: 近況・その他 — GYO @ 20:07:45

先週の連休中にあまりにも暇だったので
携帯のGPS機能を使って、知らない道を通り
一度だけ電車で行ったことがある駅まで散歩に行きました。
自宅からその駅までナビによると2キロ程度なので
30分もかからずに着いてしまいました。
坂が少ない平坦な道なので、自転車を使ったらもっと楽かなと。
最寄り駅の商店街が沿線内でも上位に位置する(多分)寂れ具合なもので
散歩の目的地に選んだ別沿線のその駅はとても栄えていて、なんとなくいい気分になりました。
ホームセンターや花屋などが多いというか目に付く商店街です。
平和な感じがして安らぎます。
あまり知らない駅にある不動産の物件案内をみるのが割といい暇つぶしになります。
今の家賃と同じ程度でも良さそうなのはたくさんあるなーとか、
もう1万家賃上げるとかなり違うって思ってみたり。
2月、3月は物件も豊富そうですし。

帰りは同じ道でもつまらないので、別のルートを選んで帰ってきました。
家に近づくにつれなんとなく重苦しい空気が。。
ただ日が暮れただけでしょうか。

2008/2/12 Tuesday

ゼルゼルゼルダの伝説♪

Filed under: ゲーム — PALUS @ 20:05:01

ど〜も、今更ながらWii版「ゼルダの伝説」にハマってますPALUSです。
ゼルダ最高っスね! もうハマりましたよ! 思わずSF版のゼルダのCM
映像をネットで探しちゃうほどに。って言うか歌います! 踊ります!
と少し興奮気味の今日この頃です! 今までのゼルダシリーズのアクション性
を更にグレードアップしたってカンジですね! おかげで深夜にやっていると
周囲から「もうちっと静かにやれ」とお叱りを受けるほどです。
他にはグローランサー?にハマっています。ほとんど惰性でやっているような
ものですが……、なんて言うかシステム性のバランスが悪くなっているように
感じられます。(単に私がヘボいだけ?)
バランス性で言うなら?の方がマシだった気が……。
アンケートはがきで誰もその事について書かなかったのかな?
私だったら絶対書く。まあ、メンドーだから滅多に出さないが……。
ストーリー性は及第点なんだから、もうちっとゲームシステムや操作性を改良
してすればいいのに、せっかく?まで続いているんだから……。
まあ、相変わらずのゲーム三昧です。今後、期待しているのはアーケードですが
「ガンダムVSガンダム」です。早く稼動しないかな〜。

2008/2/6 Wednesday

ちょいエロ話

Filed under: 健康・料理, 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 12:14:17

da-ta-です。

高校・大学時代、
「モデルやって」と女子に必死に頼み込み、
衣装を着せて写真に撮るという趣味がありました。
今思うと我ながらキモチ悪い事してました。
一回撮らせてくれた子に
二回目の撮影を頼むと絶対断られるんですよ。
あと、モデルやってくれた子の彼氏に写真見られてモメたり。

そんなある日、街で見知らぬオジサンに声を掛けられまして、
「女装とかしないの?今度女装しなよ、犯してやるから……」
などと囁かれました。

「女の子の服は持ってるけど、自分では着ないっすねえ」
と答えたら、オジサンは、
「ええっ服持ってるの?じゃ一人暮らし?」と驚くのでした。
「えっ?実家ですけど?」と言ったら、
悲しそうな顔になり
「それはいけないっ。親が服を見つけたらどんなに悲しむか……!」
と説教を始めるのでした。


10年くらい前、某北関東のラブホにて。
部屋の壁に、
「美味しいケーキがあるので、
ぜひフロントに内線して下さい」
というような事が書いてありました。
無料サービスでした。

でもそんな事はすぐに忘れてしまいました。
ホテルに備え付けのノートに
メッセージを書いて過ごしていたら、
フロントから電話が掛かってきました。
「ケーキを食べませんか」というのです。
「無料」にひかれて頼んでみました。

それにしても通常ヤッてる可能性が
高い状況でそんな電話を掛けてくるのは
いかがなものかと思いつつ、
マッパではマズいので浴衣を羽織って受け取り、
食べてみたらビックリするほど美味いのでした。

今回はネタがないのでかなり前の思い出話
になってしまいました。

3
セーエキが正常に戻った!
彼女(いないけど)も「よかった〜」と泣いてました。
でも病院で貰った薬がなくなりそうです。
飲まなくなったら ぶり返すのでしょうか。
でも今現在が大丈夫だとつい楽観視してしまいます。

2008/2/5 Tuesday

サンリオ・ピューロランドに行ってきた。

Filed under: 旅行・イベント — taka @ 14:37:43

takaです。
娘が4才の誕生日を迎えたので、
お祝いも兼ねてサンリオピューロランドに行ってきました。
本当は誕生日に行くとレストランでキティちゃんがお祝いしてくれる
そうなのだが、予約が必要とのことで、今回はダメでした。
ここはハートフルパレード・ビリーブというのが売りみたいですね。
でも、こういうところは人ごみで疲れますねぇ〜。
本当はあまり行きたくないのだが、
本人と女房が行く気満々だからしょうがないですね。

大勢の人が疲労困憊すると考えたのでしょうか。
なんと、どこぞのやり手の経営者は、
真隣に天然温泉 極楽湯というのを作ってくれていました。
天然温泉で900円ならまぁまぁでしょうか。
露天風呂が四つもあったのは、ちょっと驚き。
マッサージを受けて、疲れを癒して家路に急ぎました。

 

Next Page »

HTML convert time: 0.123 sec. Powered by WordPress ME