2009/11/11 Wednesday

ん〜〜〜……

Filed under: 映画・DVD — N2 @ 4:12:27

ナシ!
特になにもナシ!!

では許されないのでなんか書こう……

先日、J・J・エイブラムス監督作「スタートレック」のDVDを買いましたょ?
うん、すごく面白かったデス!
今までの劇場シリーズとは違って、実に今どきの娯楽大作でしたが、うるさ型のトレッキーでも十分満足できる内容だったんじゃないかと。少なくとも自分は、十二分に満足できたね。
自分は、このスタッフ・キャストでエンタープライズ号の旅をもっと見たいと思えましたな。

あと、最近楽しみにしてるのが「東宝特撮映画DVDコレクション」。
デアゴスティーニさんのアレですな。
もちろん毎号買ってますょ(゚Д゚)ノ
昨日は第4号「海底軍艦」の発売日でした。
やぱ、昔の日本特撮映画は面白いわ(゚∀゚)
特撮も今のものよりはるかにリアルっぽい(ココ重要)し、内容も抜群に面白い!
作り手のホンキがひしひしと伝わってきますよ(・∀・)
なんで、今の日本映画はこんなにダメになっちゃったんだろ……
平成の特撮映画でまともに観れたのは「平成ガメラ3部作」くらいだもんなぁ…
それにしても、はやく「マタンゴ」が出てくれないかにゃあ(´Д` )

昨日買った「マップスネクストシート」8巻のラストに出てきたのはアレかい?
リプミラ号なのかい?
ようやくあいつらが帰ってくるのかい?
前作連載開始から今まで追ってきたオレにようやく、あいつらの笑顔の帰還を見せてくれるのかい?
大風呂敷を広げられるだけ広げて、それをきっちり畳める数少ない作家なだけに(長谷川先生と富士鷹ジュビロ先生くらいか?)、まだまだ広げ続ける気もしないでもないが、いつまでもついていくんで行けるとこまで行ってほしい(゚д゚)

あぁ、今回も日記だねΣ(゚Д゚;
ま、いっかwww
宣伝は次の人に任せた!!

2009/7/14 Tuesday

あちぃ〜なぁ……

Filed under: 映画・DVD — N2 @ 23:36:02

相変わらず、書くことねぇなぁ……

久しぶりに映画館に行ったね、そーいや。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観てきましたよ。
凄かった!とにかく凄かった!!
コレ観てた時は、さすがにテンション上がった!
『序』の時は、凄いんだけど正直「ヤシマ作戦」だけ観たら十分かなってカンジだったけど、今回は最初から最後まで見所満載で一時も目を離せない内容でしたね。
作画やカット割りの超絶具合や、全てのキャラの精神的な変化、〇〇〇があんなことになったり〇〇〇があんなセリフを言ったり、言い出したらきりがないくらいことごとく期待以上のモノを観させてもらいました。
久々に大満足な傑作でしたよ。
今回はハッピーエンドになりそうな流れ?
ただ今回が「皆殺し編」なのか「祭囃し編」なのか分からないので油断はできないがwww
次回、Qはレイアウト流用がほとんど出来ないと思うんで、今回以上に間が空くんじゃなかろうか?
まぁ、何年かかってもこれだけのものを観させてもらえるのなら待ちますけどね。
ただ、DVDは全ての製作が終わって、最終バージョンが発売されるまではもう買わないけどなwww
「序」の失敗はもう繰り返さんよwww

それにしてもテンション上がんねぇなぁ……てか上がるワケねぇじゃん?
この仕事して15年以上になるけど、ここまでヤル気を削がれたコトは今までないわ。
まぁ、来月までは頑張ってみるけど、糸切れたらこの最低のテンションも保てるかわかんねぇや……
なんか、いいことねぇかなぁ……

2009/6/9 Tuesday

三国志…か。

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 18:13:33

この間慌てて、『レッドクリフ2』を観てきました。
(そろそろ終わっちゃうんですよね?)
1は金城武の魅力に気づくことができたので、かなり楽しめたんですが(女子的には)、2は半端なく眠くなるくらいつまらなかったです……。
な に あ れ(゜д゜)
ひっさびさに映画館でマジ寝するかと思いました…(寝たことあるんです)
あんなにつまらないとは思いませんでした…ある意味すごいと思う。
誰が主役なのか分かりませんでしたけど…。
どうしたかったんだろう…ジョン・ウー。
1ではとっても魅力的だった金城武の中国語?も2ではあんまり堪能できなくて残念(そもそも出番が少ない)
金城武って別に顔が好きとかはなくて、今まで特別かっこいいと思ったこともなかったんですが(興味がないので彼の映画とかも見たことなかったし)、日本語じゃなくて外国語をしゃべると魅力120%!って感じで、めちゃくちゃキラキラして見えました!そんなもんよね(笑)
日本人なのに、超流暢に操る異国の言葉遣いにメロメロ。
英語じゃないとこがまたよかったんですよね〜中国語なのか広東語なのか違いはよく分かりませんが。
私は「レッドクリフ面白い〜?」と言われたら100%「金城武がかっこいいよ」と答えます。
映画の中身だけで言ったら…せめて1だけで十分です。
赤壁がどーなったとか関係ないね。
三国志好きな人は見ないと思うし、三国志知らない人が見たら結果がよく分からないと思うし。
レッドクリフから三国志ブームとか…残念すぎです。
まあでも金城武の魅力に気づけたから、いい、か。

2008/12/25 Thursday

メリークリスマス

Filed under: 映画・DVD — doku-kinoppy @ 21:24:47

茸です。

明日で年内の業務終了!!
今年は例年になく計画的な年度末を迎えられると先週の木曜日くらいまで思っていたのですが、一週間経つとやっぱりそんなウマい話はないのであった…。

それでは、今年もこの一年で観た映画を列挙してみようと思います。

・エイリアンvs.プレデター
シリーズ初見のため色々と意味わからず。
・転々
愛しの吉高由里子にゃん。
・ピュ−と吹くジャガー
要潤よ…どこへ行く。
・ネガティブハッピーチェーンソーエッヂ
観た後でお世話になっている印刷所さんから券を頂き悔しがる。
・SWEENY TODD
景気良く飛び散る血しぶきに癒される。
・陰日向に咲く
岡田准一のニヤリ笑いに感心する。宮あおいの方言の可愛さに身もだえる。
・テラビシアにかける橋
いい童話を読んだみたいな。
・人のセックスを笑うな
タイトルが良いですよね。
・ラスト コーション 色|戒
映画館がムンムンしました。
・リアル鬼ごっこ
これもタイトルが良いですよね。
・L change the WorLd
マツケンサンバ。
・奈緒子
鶴瓶師匠の名演技に脱帽。鶴瓶のくせに。
・ライラの冒険 黄金の羅針盤
先が長そう…。
・NO COUNTRY
これすごい良かった。みんな観て〜。後でTHE DARK KNIGHTのとこでもちょっと触れます。
・魔法にかけられて
楽しかった。
・ブレス
韓国映画。
・黒い家
これも韓国映画。大竹しのぶがやったヤツのリメイク。
・うた魂♪
夏帆って隠れ巨乳らしいですよ。この映画じゃわかんないけど。
・ぼくたちと駐在さんの700日戦争
今年の市原隼人第2弾。
・つぐない
良かったです。良質な映画って感じ。なんだこの浅いコメント。
・フィクサー
じょおーじくるうにぃー。
・マンデラの名もなき看守
素晴らしいですね。こういう映画を観るとより良く生きたいと思う。
・山のあなた 徳市の恋
草ナギ怪演。ガンバレ草ナギ。
・ひぐらしのなく頃に
映画館の土産物売り場で初めて元絵を知る。予想外の萌え絵に愕然とする。
・神様のパズル
市原隼人第3弾。谷村美月の意外な巨乳ぶりに気が散る。
・ミスト
酷いラスト。これは褒め言葉です。
・アフタースクール
面白くないことはなかったんですけど、ちょっと好みじゃなかったです。
・シークレットサンシャイン
韓国映画。今年は韓国映画をたくさん観たな。
・ザ・マジックアワー
三谷ワールド。楽しかったよ。
・イースタン・プロミス
カッコイイ!ダンディ〜ズム。
・JUNO
可愛い、良い映画。
・告発のとき
重い…。ジョージアのオッサン売れてるな〜。ノーカントリーにも出演。
・ゲゲゲの鬼太郎  千年呪い歌
中村中の主題歌が良かったな。 しかし覇気のない鬼太郎。
・カンフーパンダ
面白かった。ちょっと悪役のヒョウに同情。
・THE HAPPENING
怖いっすよね。CMインパクトあったよね。
・純喫茶磯辺
あ、すごい面白かった!この監督の前作『机のなかみ』の評価が高かったのか、急に出演陣がゴージャスに。
・片腕マシンガール
超Z級映画で好印象。井口監督〜!! 評判だったのか来年1月また池袋ロサで再上映するらしいです。
・THE DARK KNIGHT
今年の最高傑作。そう言ってる人多分すごくたくさんいると思いますが。バットマン役の人、ヒロミゴーに似ている。そんな事よりピエロの役者さん本当に最高だったのに死んでしまうなんて!ノーカントリーの時も思ったけど純粋な悪って魅力的ですよね。理由なき悪。惹かれる…。悪になってしまったそれなりのバックボーンなんてナチュラルボーン悪に比べたらなんと陳腐なことか。
・赤んぼ少女
梅図かずお先生の作品が映像化されたら100%観ます。
・崖の上のポニョ
ポーニョポニョポニョたこの子〜。by大竹。耳にする評価は低かったけど私は面白かった。ハウルより好き。
・The Sky Crawlers
えっ、メロドラマ?この映画がどうこうより押井守監督の宮崎駿監督に対する毒舌が面白くてそういうのがあるとちょいちょい探して読んでた。あんなに対抗意識燃やさなくても!尊敬がベースにあるからこその毒舌だとは思いますけど。
・闇の子供たち
あ〜ラストが意外でした〜。この映画の宮崎あおいは珍しくうざい役どころだった。役ですからそれで良いんですけど。
・死にぞこないの青
もーちょっと怖くできたんじゃないの。GOTHに期待。29日に観に行けたら行きたい。知ってますか。29日はブクの日っつって池袋では映画千円なんですよ。
・デトロイト・メタル・シティ
面白かったんだけど、原作読んでからの方が楽しめたかな。
・20世紀少年
これを原作読んでからと思うと大変なんで、これは映画が先で良いと思います。原作は長過ぎて途中で前の話を忘れる…。
・パコと魔法の絵本
すごい混んでて最前列で観たんですよ。首が痛いよ〜!
・おくりびと
良かったです。モッくんは睫毛が長いね。美中年。 しかし今時あんな死に対して「汚らわしい!」とか思う人いるのか。
・蛇にピアス
吉高ちゃんを観るためだけに…。
・おろち
梅図先生!そして女闘美が見所。
・イキガミ
結構泣きました。けど、あれ、あれでいいのかな?イキガミが政府の目論見通りに機能しちゃってますけど…。
・容疑者Xの献身
ああ〜なんか予想外にすごく良くって〜。福山雅治初主演映画って触れ込みでしたが全然福山の映画ではありません。全部を堤真一が持って行ってる〜。
・ICHI
綾瀬はるかが美しい…。今年綾瀬はるかは長澤まさみの人気を抜いたと思います。
・ホームレス中学生
ダンボールを食ったり。池脇千鶴が良いです。ババ臭い女子高生で。
・ブーリン家の姉妹
あ〜これもこれも〜。アンが可哀想で〜。自業自得だからよけいこそ〜。メアリーは何も悪い事してないからどんな酷い目にあっても魂が汚されることはないので結局可哀想じゃない。自業自得で酷い目に遭ってる人の方に私は同情する…。
・イーグルアイ
面白かったんだけど、手塚治虫の昔の漫画みたいだよね。結局そこに還るのか、ハリウッド映画。
・ハンサム★スーツ
なんでこれ観たかな…。観る必要まるでなかったのに。
・GSワンダーランド
面白かったですよ。高岡蒼甫、演技上手いと思います。
・レッドクリフPart1
面白かったんだけど、カット割りとかなんか古い感じがしました。なんでそこ止めるの?みたいなイメージビデオみたいな撮り方してませんでしたか?トニー・レオンが俺をそう撮れと言ったの?見所はやっぱり戦闘シーン。関羽がゴルゴみたいです。張飛の戦い方には絶句。騎馬兵に素手で殴り掛かり馬に体当たりってどうゆうこと?しかも一番の武器は大声って…。ウルトラBか。
・ハッピーフライト
飛行機を飛ばすのって大変なんですね。YAMは昔JALで派遣OLやってたそうです。
・sisters
試写で観たヤツ。『誰にも言えない㊙性的いやがらせ』に雁須磨子サンがコラムを描いてくれました。
・軍鶏
これも試写で。『誰にも言えない㊙調教H』で空木朔子さんがコラムを描いてくれました。
・シャークウォータ− 神秘なる海の世界
これも…。海崎いこサンが、『誰にも言えない㊙ペット志願』で。サメは海の悪者じゃないぞ!フカヒレ食うな!
・窓辺のほんきーとんく
これは、たなはらりうらサンが『誰にも言えない㊙いじめH』で。
・十年愛
これは言わずと知れた我が社の一押しでございます。DVD買って下さい。撮影現場にも行きました!
・泪壷
これ…いしだ壱成が…。久しぶりに観たいしだ壱成はなんか気持ちが悪かった…。
・ビルと動物園
OLの恋、みたいな。
・ぼくのおばあちゃん
菅井きんさん最年長主演女優でギネス記録。年寄りは大切にしよう。いや、本当に。
・クローンは故郷をめざす
不思議な映画。あ、『誰にも言えない㊙コスプレH』で夏葉ヤシさんがコラムを。好きな感じの映画だったのに、疲れがたまっていて途中で爆睡してしまったというていたらく。反省。面白くなかったから寝たのではないのだ!

以上です。
長いな〜。またYAMに嫌味を言われる…。

2008/12/24 Wednesday

イタイイタイ。

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 17:31:50

前回とっても楽しみにしていた『SAW5』を先日観て来ました。
謎は色々と解けつつも、残る新たな謎もあったりして、後付映画にしてはよくできてる映画だと思うんですけど、私的には今までのシリーズの中で一番驚きってのがなかったかな…と。
SAWシリーズの魅力の1つは、最後に同時進行していた複数の物語が一気に進んで、まとまって謎が解けるところだと思っているんですけど、それが今までで一番なかったのかな〜。
インパクト薄めでした。
だけど、グロさでいったら今までで一番気持ち悪い!と思ったかも…。
すっごく痛かったし、マジで気持ち悪くなりました…。
色んなところがばっさり…。
今までは結構加工したり、カット割りが早かったりして、なんだかんだ『よく見えない』って感じだったのが、今回はばっちり映ってた気がします〜。
お腹いっぱいとか食べながら…なんて絶対見ちゃダメです。
このシリーズは次の6で完結するのか…!?
6で4の謎が解けるはずなので、また1年後が楽しみです。

2008/12/3 Wednesday

無題…

Filed under: 映画・DVD — N2 @ 1:46:24

もうホントになにも書くことナイょ?

う〜〜ん……( ゚д゚)ハッ!
一人暮らしを満喫してますょ?
楽しくって楽しくって、街でカップル見ると殺意が沸きますょ…(´;ω;`)ブワッ
この時期になると毎年思うんだけど、日本でも拳銃の所持が認められたらいいのにね(・∀・)ニヤニヤ
なんでもかんでも米国さまさまな政策するんなら、この辺も認めてくれんかねぇ?

そうそう、pepeさんオススメの『SAW』シリーズ4本をDVDでイッキ観しました。
1しか観てなかったのですが、通してみるとまた違った観方が出来て面白いですな。
あっとゆー間に観終わって、気づいたらもう明るくなってました。
それにしてもこのシリーズ、痛いΣ(゚Д゚;)とにかく痛いΣ(´Д` )
痛くて痛くて泣きそうです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
あと、メシ食べながら観るもんではないですな…
今月はあとは『ダークナイト』のDVDが楽しみです。

ん〜〜なんか新しい雑誌とか作りてぇなぁ…

2008/11/20 Thursday

待ち遠しい。

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 18:01:48

今月はめちゃくちゃ楽しみにしていたホラー映画が公開されます〜。
大好きなシリーズの『SAW5』が日本公開だよ〜!
この映画はとてもとても楽しみに待っているためか、前作からの1年間がとっても長く感じます。
この間テレビで某伸介が、「大人になると月日が流れるのが早くなってしまうけど、先々に楽しみなことがあると時間が流れるのがゆっくりになる。だからあえて楽しみを先に作って待つようにしている」
みたいなことを言ってたんですけど、「本当だな〜!」と実感中でございます。
いよいよ公開も迫ってきたということで、シリーズの予習もしてます。
去年『SAW4』を観に行った時は、予習をしないで観に行ってとっても後悔したのです。
全部のシリーズを見て覚えてないと謎解きしてても、何のことか分からなくなっちゃいますからね〜。
SAWはグロイシーンも盛り沢山で、あっちこっちの国で毎回規制制限でもめてるけど今回はどうなんだろう?
前々回はR18にしてたのを、R15に引き下げてましたな。
でも超〜〜〜〜イタイシーンの連発でどこをカットしてうまいこと処理してるんだかって感じです。
どれだけ気持ち悪い・イタイと思っていても、見ちゃうのが人ってものですよねん。
そんな感じで今回も目を背けつつ、ワクワクしながら見ちゃうんだろうな〜♪と思います。
あと一週間がとっても長く感じるな〜。

2008/9/4 Thursday

『妹ドスケベ言葉責め 倖田梨紗』とか…

Filed under: 映画・DVD — doku-kinoppy @ 12:53:36

茸です。

鼻歌をpepeに理解してもらえません。
絶対知ってる曲なのに、必ず「なんて?」と聞き返されます。
そ、そんなにオデの鼻歌は音階が外れているのか。
「お経?」と言われた事も有ります。南無三!

先日、渋谷に行ったら、井口昇監督に遭いました。
映画館の前で写真撮影してました。
本物の井口監督はメタボの妖精のようにお可愛らしかったです。
ちなみに井口昇監督とは、
『史上最強のエログロドキュメント ウンゲロミミズ』や
『エログロドキュメント ウンゲロミミズ2』などの
スカトロを得意とするAV監督です。
最近はAV以外の作品も撮っていて、『恋する幼虫』の監督だって言ったら
『ウンゲロミミズ』の監督ですって言うより一般女子にも伝わるか。
井口監督は自身の最新作『片腕マシンガール』が公開されている映画館の前で写真撮影をされていましたので、何かの取材だったんでしょう。
『片腕マシンガール』の冒頭でふんどし姿の井口監督が観れるので、ふんどし愛好家の方は是非劇場にお運びになって下さい。揺れる下腹部が魅惑的です。池袋シネマロサでも公開中。

池袋シネマロサと言えば我が社が社運を掛けて応援中の『十年愛』の公開も11月に控えていますが、『十年愛』のロケの見学をさせてもらいました。
ちょうどラブホテルでのロケだったんですが、前日まで渋谷ロケだと思っていたのが神奈川県の秦野だったりといろいろ予定外でしたが、楽しく参加させて頂きました。参加といっても基本、ただの覗き見ですから気楽なもんで…。最初誰が監督なのか分からなくてご挨拶もままならんと思っていたのですが、一番最初に差し入れを渡した人が監督だったという事が分かって一安心でした。大道具さんかと思ってた…。
そんな『十年愛』ロケ見学珍道中の様子を詳しくお知りになりたい方は、10月28日発売の『誰にも言えないマル秘乱交H』をお求めください。
ナツミチハルさんのエッセイコミックでおもしろおかしくお伝えします。ちゃんとした映画情報もあります。さらにビッグニュースもあるかも知れません。それでは!ウンゲロ!

2008/9/3 Wednesday

夏といえば。

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 18:14:08

夏になるとホラー映画とか観たくなるんですけど、最近はあんまりホラー映画もテレビで心霊特集もやってくれませんよね。
なんででしょう?観たいのに。
本当は映画館でホラー映画を観たかったんですけど、やってなかったのでDVDで何本か観ました。
ホラーといっても洋風と和風とあります。
断然和ホラーのが怖い。
洋ホラーだと、じわじわ怖いっていうよりびっくりして驚く感じなんですよね。
和ホラーは叫び声なんて上げなくても、周りの雰囲気からして怖かったりします。
ついつい後ろを振り返っちゃう感じ。
オススメされて観た『呪怨−パンデミック−』はなかなかに怖い作品でした。
日本の『呪怨』をハリウッドでリメイクして、さらにそこから展開したもの。
日本の『呪怨』もドロドロした雰囲気が怖くて好きな作品だったんですが、パンデミックと見比べながら見るとより面白かったです。
ハリウッド版はとにかく『びっくり』驚かせる演出の数々。
日本版だと1回くらいしか『きゃあ!!』ってなる場面がないのに、ハリウッド版だと10回は『きゃあ!ぎゃ!』ってなる場面を作ってる。
やっぱり外国の方は分かりやすく、そこにおばけがいて触れて確認できる方がお好みなんですかね。
そんな作り方、怖がらせ方の違いが見ていて面白かったです。
で、見比べてどっちが面白かった?と言われると私はやっぱり和ホラーのが好き。
ハリウッド版はびっくりして『ぎゃあ!』とはなるけど、怖いわけじゃないもん。
あくまで見てる分に関してですけどね。
そりゃ実際身に降りかかったら、とんでもなく怖いですよ、ハリウッド版も。
てなわけで気になっているのが奥菜恵主演の『シャッター』
ハリウッドが作ったホラー映画に日本人が出演。舞台も日本。
やっぱり『びっくり』系なのかしら?
てゆーか、なんで夏の終わりにホラー映画が色々と出てきてるのかが謎。

2008/7/7 Monday

デジャブ…?

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 18:43:15
ちょっと前ですけど、スティーブン・キング原作の『ミスト』を観ました。
「ラスト15分で想像もつかないような展開が起こる!」みたいなキャッチコピーがついていたらしい映画です。
ホラー系はホラー系なんですが、精神的に怖いホラーって感じ。
とある田舎町が、突然濃い霧(ミスト)に包まれ、その霧に飲まれた人は次々と命を落としていく…みたいな感じの内容で、それ以外はまったくどんな内容かも分からない状態でした。
”霧”の中に潜む何者かの正体はわりとすぐ分かるんですが(まあその正体も怖いんだけど)本当に怖いのは極限状態に追い込まれた人間関係の怖さってのを知る映画でした。
自分さえよければいい人、周りを言葉巧みに誘導してなんとか街から逃げ出そうと考える人、何もしない人、現実逃避する人、宗教に頼る人…。
様々でしたけど、生きるか死ぬかの極限状態で、どれだけ周りを信頼できるかってのは難しい問題だし、その人間の心理の描かれ方がリアルで、観ていてとても怖かったです。
宗教問題に関しては、無宗教の私にはまったく分からない心理だったんですけど、外国の人ってのは何かしらやっぱり信仰心ってものを持ってるものなんですよね。
どんだけ生意気な口を利いていた奴でも最後は神に縋り付くのかと、そこら辺も人間のエゴが出ている気がして怖かったです。
2時間ちょっとの映画で長めでしたけど、まったく飽きることなく最後どうなるのかとハラハラしながら見ちゃいました。
化け物が襲ってくるところもすごく怖かったんですけど、その化け物の形態がね……。
なんだろう。すごく『クローバー・フィールド』に出てきたものと似ていたんですよ…。
思わず目が点になるくらい。
「え…?デジャブ…?」って思うくらい。
同じ何かをモデルにしたのかい?ってくらい容姿が似ていたのです。
とてもシリアルな映画を観ていたはずなのに、「ぷふっ」ってなっちゃったくらい。
なので、全体的にとっても面白かったんですけど、『クローバー・フィールド』と『ミスト』を立て続けに見ると、変なところでびっくりしちゃうので要注意です(まあ、なかなか立て続けには見ないか…)
ラスト15分は、キャッチコピーの通り、とんでもない展開でした!
うわ〜かわいそう〜〜〜〜!!
としか言えない…。
あれが最良の選択なのかと言われると分からないけど、そこまで人間を追い詰める環境ってのがある日突然起こるかもしれないと思うと、ゾッとしました。
とっても面白い映画なので、大満足でした!!
……けど、切ない。 
Next Page »

HTML convert time: 0.127 sec. Powered by WordPress ME