2008/9/3 Wednesday

夏といえば。

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 18:14:08

夏になるとホラー映画とか観たくなるんですけど、最近はあんまりホラー映画もテレビで心霊特集もやってくれませんよね。
なんででしょう?観たいのに。
本当は映画館でホラー映画を観たかったんですけど、やってなかったのでDVDで何本か観ました。
ホラーといっても洋風と和風とあります。
断然和ホラーのが怖い。
洋ホラーだと、じわじわ怖いっていうよりびっくりして驚く感じなんですよね。
和ホラーは叫び声なんて上げなくても、周りの雰囲気からして怖かったりします。
ついつい後ろを振り返っちゃう感じ。
オススメされて観た『呪怨−パンデミック−』はなかなかに怖い作品でした。
日本の『呪怨』をハリウッドでリメイクして、さらにそこから展開したもの。
日本の『呪怨』もドロドロした雰囲気が怖くて好きな作品だったんですが、パンデミックと見比べながら見るとより面白かったです。
ハリウッド版はとにかく『びっくり』驚かせる演出の数々。
日本版だと1回くらいしか『きゃあ!!』ってなる場面がないのに、ハリウッド版だと10回は『きゃあ!ぎゃ!』ってなる場面を作ってる。
やっぱり外国の方は分かりやすく、そこにおばけがいて触れて確認できる方がお好みなんですかね。
そんな作り方、怖がらせ方の違いが見ていて面白かったです。
で、見比べてどっちが面白かった?と言われると私はやっぱり和ホラーのが好き。
ハリウッド版はびっくりして『ぎゃあ!』とはなるけど、怖いわけじゃないもん。
あくまで見てる分に関してですけどね。
そりゃ実際身に降りかかったら、とんでもなく怖いですよ、ハリウッド版も。
てなわけで気になっているのが奥菜恵主演の『シャッター』
ハリウッドが作ったホラー映画に日本人が出演。舞台も日本。
やっぱり『びっくり』系なのかしら?
てゆーか、なんで夏の終わりにホラー映画が色々と出てきてるのかが謎。

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.099 sec. Powered by WordPress ME