2008/9/2 Tuesday

だったら、夜間救急に指定すんじゃねぇ…。

Filed under: 健康・料理 — YAM @ 20:11:59

ある日、仕事から帰ると頭が痛く、風邪かと思い薬を飲んで眠っていると、明け方ものすごい寒くて目が覚めました。尋常じゃない寒さで熱をはかってみると、42度…とりあえず今は朝の5時で、解熱剤は昨日の夜に飲んだもので最後…救急箱の中には「ウコンの力」だけ…。そんな状況の中、熱は下げた方がいいだろうと思い、近くの病院で薬をもらおうと、夜間窓口のある病院を調べて電話をしたんですが、どの病院も「先生が不在」や「熱が高すぎて診察できない(←そんなんあり?)」など色んな理由で断られ続け、病院に電話→断られる、違う病院の番号を聞く→断られる…と、「ああ、よくTVで見る救急車の受け入れ拒否ってこういう事なんだぁ…」などと考えながら、電話してました…。
8番目にかけた病院で、やっと電話で医者まで話すことができて、病状を話すと「あ、じゃあ今すぐ来られます?」と言われ、まるで宝くじにでも当たったかのような嬉しさと共に、ホイホイその病院に向かいました。診察後、すぐ帰れると思っていた私はパジャマのような格好で病院に行ってたんですが、「とりあえず入院しましょう。熱高すぎだし、ウイルス系の病気だったら周りに感染するから」と言われ、そのまま入院することに…。やっとベットで休めるよ〜と思い、時計をみたら7時半…2時間近くも電話してたんだと思うと、人間って熱あってもけっこう何でもできるんだなぁ…と思いました。

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.104 sec. Powered by WordPress ME