2009/8/25 Tuesday

売国政治家集団同士の目くそ鼻くそ真っ盛りにおいて・・・

Filed under: 近況・その他 — snicker @ 14:05:41

こんにちは、すにです。
事務所が移転しました。
どうにも居心地が悪いですなぁ。
広々して見晴らしいいし、葬式みたいに静まり返ってるし、臭いし、うるさいし、バイク置けないし。
家で作業したほうがはかどりそうですよ。
松文館特攻隊、もう終わったも同然ですね。

改正銃刀法の政府PRで、刃物屋さんの意見が、
「刃物自体よりも持つ人の意識の問題なんですよね…」
というまっとうなものだったのですが、
直後に
「持つ人の意識『』大切」
と、無理やり言い直すいやらしさにうんざりします。
単に庶民をパクりやすくするだけのクソ法を必死に擁護してますなあ。
GHQの刀狩以降、刀剣はレア物になっちゃってますが、
戦前までは士官クラスなら普通に持ってたはずのもの…
だいたいにおいて、普通の男の子だったら、
木刀とかヌンチャクとかナイフとか持ってるもんだと思うし
有事に備えて習熟するのは当然だよね。
普段からそういうもん振り回すような愚連隊は
武具の所持内容なんて関係ないし、普通に取り締まればいいものなんですが、
そっちはまるで無視なとこが法の狙いをはっきりさせてますなぁ。
私も刀に習熟しようとしておるとこなんですけど、
ちびっこの頃も剣道やってまして、
当時、木刀よりも金属バットのほうが破壊力があるので
不思議に思ったもんですよ。
技術が無ければ刀よりバットのほうが殺傷能力は高いってことですな。
いやマジで。
いわんやナイフをや。
そこらの鉄パイプのほうがマシだし、
石ころ拾って投げたほうが強いかもよ。
刃物持つかどうかじゃなくって、それをどう使うのか、が全てだと思うんですよねぇ…。
さっさと今の銃刀法無くしてくださいねー。

2009/8/21 Friday

タイ、バンコクの最新風俗事情

Filed under: 旅行・イベント — taka @ 17:59:54

タカです。
雑誌「姫盗人」がちょうど13年目に休刊になりました。
私は平成8年の創刊から11年も担当していたから、
まるで13歳の娘に先立たれたかのような寂寥感をおぼえます。

でも、湿っぽい話はよくないね。
楽しい話をしましょう。

この間、タイのバンコクに行きました。
そして、ホテルにあるマッサージ処に妻と二人で行ったんです。
ブースは簡単なしきりで区切られていました。
ところが、しばらくマッサージをやってもらってたら、
突然、マッサージをやっていた20代後半の女性が、
セクシャルマッサージを3000バーツ(およそ1万円)でやらないか、と言ってきた。
となりに妻がいるから駄目、と断ったがドギマギしました。
日本の宿泊ホテルのマッサージ処では絶対にありえない話です。

次に有名なパッポン通りを歩いたんだけど、ここはすごいですね。
道の中央はみやげもの屋が並んでいるが、両端ではポールダンスの店が
何軒もあり(しかも中が見えるようにドアが開いてる)、客引きも超しつこい。
「社長ーさん。飲んでポールダンスやってる若い子抱けて1万円ポッキリ。
日本円オッケーね」と迫ってくる。
妻子との待ち合わせがあったから入店することは出来なかったが、
この2回の出来事を信じるなら、タイでは1万円あればかなり遊べそうです。

以上報告終わり。

2009/8/14 Friday

芥川龍之介とミンミンゼミ

Filed under: ガーデニング・ペット — SCAT @ 22:00:36

お盆です。

何故か今頃になって、ポットのままほったらかしにしていたウンナンイワギリソウが咲きました。

手前に見えるのはイワチドリのポット(8/2)

7月の終わり頃からこっち、近所で地植えされているヤマブキが、

これでもかと狂い咲いています。

我が家では、今年の4月にもう収穫済みのカジイチゴが開花しました。

季節がめちゃになってるようで、思い出すのは芥川の日記です。

いかに引用します。
大正十二年九月一日の大震に際して
芥川龍之介/大震雑記より

「大正十二年八月、僕は一游亭と鎌倉へ行き、平野屋別荘の客となった。
僕等の座敷の軒先はずっと藤棚になっている。
その又藤棚の葉の間にはちらほら紫の花が見えた。八月の藤の花は年代記ものである。
そればかりではない。後架(手洗)の窓から裏庭を見ると、八重の山吹も花をつけている。
(中略)その上又珍しいことは小町園の庭の池に菖蒲も蓮と咲き競っている。
(中略)藤、山吹、菖蒲と数えてくると、どうもこれは唯事ではない。
“自然”に発狂の気味のあるのは疑いがたい事実である。
僕は爾来(じらい)人の顔さえ見れば『天変地異が起こりそうだ』といった。
しかし誰も真に受けない。久米正雄の如きはにやにやしながら
(中略)大いに僕を嘲弄したものである。
僕等の東京に帰ったのは八月二十五日である。大地震はそれから八日目に起こった。」

ジュセリーノも予言してた気もするし、今年の9月はヤバいかもしれないです。

さて、今年はお気に入りの熱帯スイレンの冬越しに失敗したらしく、

温帯スイレンしか咲いてくれなかったのですが、それでもやっぱり嬉しいものですね。
温帯姫スイレン‘スノープリンセス’ (7/16)

そして水鉢では他にも、ミムルス‘リンゲンス’(7/30)

夏の花、フシグロセンノウ(7/30)

木漏れ日に、ルリマツリモドキ(7/30)

種まき遅くとも(たしか7月)咲いた、ゴーヤ (8/11)

さらに3メートル以上の草丈になってる、ガウラ(7/30)

この辺が夏の花々でございます。

そういえば、この夏のもう一つの出来事。

引っ越しとクーラー無しで汗だくで帰宅した私を待っていたものは……、

何と、室内でセミが羽化してる!!

家人と子供達が、夜の公園で木に上ってた幼虫を捕らえて、

カーテンに上らせてみた、との事でした。

連続写真。

最終形態。

翌朝、立派なミンミンゼミとして、

私の眠りを見事に打ち破ってくれました……。

SCAT

2009/8/11 Tuesday

引越

Filed under: 近況・その他 — GYO @ 14:22:00

先日会社が引越しました。

引越するまでの1週間、元いたビルのエアコンが
壊れ部品がないとかで直してもらえず、
辛い思いをしていたので、今のビルは
涼しく広くとても快適です。
特に引越に関しておもしろい話もなく
もちろんそれ以外も…ありません。

Next Page »

HTML convert time: 0.115 sec. Powered by WordPress ME