2009/3/26 Thursday

「健全」は独裁のための道具なのか?

Filed under: PC・Web・モバイル, キモ日記 — こえだめ 草子 @ 14:22:46

世の流れからか「健全化のため」にSNSでも削除が続いているらしい。
普通のオフ会なども出会い系だとされて削除。
おかげで連絡がつかなくなって店のキャンセルやら何やら
大変だった所もあったとかなかったとか。
そう。昔は好いイメージだった「出会い」は、
今やすっかり「悪」の言葉であります。
(っていうか、元々mixiって「出会い」を売りにしてなかったっけ?
しかも最初は「出会い易いように本名推奨」だったしさ)

で、そのコミュ削除の件を扱ったmixi日記群では
「先に有害で不快なエロコミック広告のほうを何とかしろ」と
ケータイコミックの広告バナーなど別の所にホコ先を向けた意見も少なくない。
いや、実はそのエロケータイ漫画も結構規制されてて、
少なくても広告バナーには裸絵とかは一切出てないはずなのだけど。
(中身も元の本と比べてみると色々と面白い)

健全と安全の名目でコミュを削除された「健全の被害者」も、
同じく健全化を名目に、別の「自分から見た不快なもの」を叩く。
(いや、削除関係なく元々叩かれてたけど。
その叩きは表現を自主規制した所であまり変わらなそうなのは
エロ絵も何もない広告が叩かれてる日記群からもわかる)
同じ論理で似たような事をするんだよな。

 

規制は本当に健全な状態を作るのか?

日本は様々なものを規制し、「隠す事を善し」とする方向となっている。
エロに限らず残虐な描写のある作品などは
特に子供に目のつく場所にあると社会の目は厳しい。

が、暴行があっても血が出ず、痛みの感じないような描写では
した事によって何が起こるかの重大さがわからず、
加減を知らない子供を作り、かえって被害を増やす恐れもある。
せめて現実で危険なものを体感していればまだいいのだが
危ないという事で公園から遊具は撤去され、刃物は取り上げられている。

現実でも虚構でも、「こうしたらこうなる」な
「した事による結果」が隠されていくのは恐いな。

数10年前の日本では、小学生も普通に刃物を所持していたが、
その威力を体感してる生徒たちは
それを人に向けるような事はまずなかった。

過去の出来事での教訓は闇に葬られ歴史は繰り返されていく。
似たような事を、こないだも書いてたような気がするのも、
きっとその繰り返しループの影響に違いない、違いない。

 
■参考

mixiで“出会い”コミュが大量削除 〜 健全化の一環で古参コミュも消失か:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2009/03/18
(略)
国内大手SNSの「mixi」(ミクシィ)でここ数日、コミュニティが大量に削除されていることが確認された。

対象となっているのは「出会い」をテーマに活動していたコミュニティで、トラブルやユーザ側によるものでなく、運営による削除と思われる。「出会い」をキーワードにコミュニティ検索を行うと、ここ数日の間にコミュニティが大量に消失しているのが確認できた。
(略)
mixiは昨年12月10日に、18歳以上としてきたユーザ年齢制限を緩和し、15〜17歳でも利用できるようにした他、この春から、招待メールの制限も廃止する予定となっている。「青少年の利用に配慮したモバイルサイトへの転換」をmixiは方針としているわけで、それに合わせる形で、一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が実施している審査も受けている。
(略)
地元のオフ会、成人同士の飲み会などの“出会い”コミュであっても削除されているようで、一部利用者からは不満の声も漏れているようだ。
(略)

ITmediaニュース:「自然な出会いだった」――mixiで結婚した2人 (1/2)

 

最新情報一覧[大阪府警察安まちメール]

中学生に対する声かけ事案発生  ※現在削除
http://www.info.police.pref.osaka.jp/newDeliveryCrimeDetail.do?selectionId=8807
犯罪発生詳細
情報種別: 子供被害情報
件名: 中学生に対する声かけ事案発生
発生日時: 10月16日 18:15
発生場所: 堺市北区 新金岡町2丁 付近路上 (地図)
発信: 堺東警察署
発生状況: 帰宅途中の女子中学生に対して「はよ帰りや」等の声をかける事案が発生しました。
犯人: 50歳位、ピンク色の服、黒色ズボン着用の太った男1名。
告知内容: 不審者を見たら、すぐに110番通報して下さい。

まんたんブロード2009年4月号
竜騎士07インタビュー
(略)
日本では、痛み、つらさといった「目をそむけたいもの」を隠す傾向にあります。
例えば「赤信号を無視して渡ってはいけない」と説明するだけで、
守らないとどうなるかはあまり教えませんよね。信号を無視すれば、
はねられた自分が死ぬのはもちろん、車を運転した人の人生もダメになり、
残された遺族も悲しむことになる。関係ないときはピンとこないけど、
当事者となって初めて理解するんです。「ひぐらし」の物騒なシーンは
(略)
私は、少年犯罪はコミュニケーション不足が引き金になっていて、しっかりとコミュニケーションを取れば未然に防げると思っています。08年の秋葉原連続殺傷事件でも、犯人が誰かに相談できる状態でなかったように、犯罪者の多くは孤独です。ですが、猟奇的な事件が起きると、ワイドショーなどでは異常な部分だけをクローズアップして、犯人に石を投げるような取り上げ方をしますが、もっと事件の背景などをきちんと分析して、みんなに教訓を残していくべきだと思います。「ひぐらし」では「仲間を
(略)

アグネスチャン Diary ? Archive
(略)
法改正をアピールしたいです。単純所持を罰則付き違法にして欲しいのです。そして、アニメやゲーム、漫画での子どもたちのポルノと性的搾取の制作、所持、販売、購入なども違法にしてほしいのです。海外で被害者にたくさん会った。胸が痛くなるほどのひどい搾取です。一度インタネットで流された映像や、写真は消えません。見られるたびに、虐待されるのです。国内の被害受けた方の手紙を読み、本当に涙なしでは読めませんでした。子どもたちは性のおもちゃではない。許せない世の中を作り上げないと、子どもたちは助けられません。いまだに、毎年100万人の犠牲者が出ているといわれています。
アニメや漫画など、特定な人物ではないが、子どもたちに対する性的搾取の映像を容認するというのは、子どもたちを性的な道具として容認すると同じこどです。多くの国はそれを禁止しています。インタネットを通して、国際的な問題になっているのです。日本は児童ポルノ輸出大国といわれています。ひとつの国の法律が不十分だと、意味がない。早急に日本は法律の改正が必要です。
(略)

やべぇ、今週の週間少年マガジン(2009年17号)の絶望先生の
「漫画の表現規制が法改正で厳しくなるネタ」がネタに見えん。
またジャンプのバクマンの少年誌規制ネタも以下略

1 Comment »

  1. 定期こぴぺ

    ■(首相官邸公式サイト)

    1.子どもへの方策
    http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html
    2.大人や行政が主体となって家庭、学校、地域で取り組むべきこと

    * 子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう
    * バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う

    第3回 規範意識・家族・地域教育再生分科会(第2分科会)※PDF
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/2bunka/dai3/3gijiyoushi.pdf
    8.「有害情報から子供を守り、健やかな人格形成を図る」について

    パソコンは学校、家庭を含めたフィルタリング。テレビについて業界の自主規制だけでなく、家庭もチェックする。通報窓口の活用の提言の内容。
    (略)
    テレビを禁止し、有害情報はシャットアウトし、土日も帰さない。こういうことは私立でしかできない、ではなく公立でも真似るべきだ。ある特定の期間だけでもやると必ず、家族にフィードバックされる。日本は植民地に学校を作って、教育した。それをやると躾ができた。

    Comment by こえだめ 草子 — 2009/3/26 Thursday @ 14:26:17

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.098 sec. Powered by WordPress ME