2008/7/9 Wednesday

カンボジアで神を見た。

Filed under: 近況・その他 — taka @ 10:14:45

タカです。
先日、地雷除去と小学校建設のお手伝いをするために、
カンボジアに行ってきました。
・・・・・と、いうのは、もちろんウソで、
ただの観光で行きました。
カンボジアまでは飛行機の直通便が出ていないので、
ベトナムのホーチミン空港まで行き、そこから乗り換えです。
乗り換え待ちの時間を含めると、7時間くらいはかかるでしょうか。
日本からは本来近いけれど、遠い国です。

カンボジアはとにかく蒸し暑い国です。
初日はアンコールワットの見学です。
アンコールワットは12世紀前半に建てられたヒンドゥー教の
寺院でもちろん世界遺産に登録されています。

第一回廊にはカンボジアの天地創造の石のレリーフが何百
メートルも続いています。(カンボジアではそれを乳海攪拌という)
善神と悪神が蛇の綱を使って綱引きをしており、よく数えて
みると善神のほうが数が若干少ないので苦戦している場面
などは、おもしろい。
第二回廊は仏像などがおかれていますが、盗掘により顔
などはほとんどありません。
そして、第三回廊は修繕中のため残念ながら入れませんでした。

その後、家族でゾウさんに乗って、観世音菩薩の石顔で有名
なバイヨンの遺跡に移動し、そして、溶樹が遺跡を侵食して
いることで有名なタ・プロームに行ってきました。

タ・プロームでは考えさせられました。
日本では、大事な遺跡を大樹に侵食させるなんてことは考えられません。
でも、タ・プロームでは、あえてそれをさせています。
それは、人間の創造物が自然によって破壊されていく姿。
つまり、人間は自然を破壊していますが、自然もまたゆるや
かに人間の創造物を破壊していくのです。

その時、アンコールワットで見た善神と悪神の綱引きを思い出しました。
「もしかして、悪神って人間のことなの?」

Next Page »

HTML convert time: 0.092 sec. Powered by WordPress ME