2008/3/4 Tuesday

メニューがない寿司店でビビる

Filed under: 健康・料理 — da-ta- @ 18:16:52

da-ta-です。 

大人な夜を体験したい、という事で、 

やや高そうな寿司店に挑戦しました。 

そしたら一人10000円取られました。 

 

と言っても外から見る限りは、 

敷居が高くはありませんでした。 

「ここならそんなに怖れることはないだろう」と 

入ったらメニューがありません。 

「どんな魚があるのか。値段はいくらなのか」 

という情報が皆無です。 

 

トロとかは避け、 

贅沢なのはまぐろ(赤身)だけにし、 

8貫で止めました。 

酒は2杯でストップです。 

それで10000円です。 

 

寿司店での「10000円」って、 

内訳がはっきりしてなさそうですが、 

その店は明細をくれました。 

例えばまぐろ(赤身)が1貫850円でした。 

回転寿司で言うと、一皿(2貫)1700円という事になります。 

トロを頼んでたらどうなっていたのでしょうか。 

でも美味しかったです。 

2008/2/26 Tuesday

結果は結果。

Filed under: 健康・料理 — pepe @ 18:12:37

ああ、ドキドキした。どうもぺぺです。

健康診断の結果がきました。
身長が1センチ伸びて、体重は変わらず!視力が落ちてました。
この歳になって、はたして本当に身長が伸びたのかは分かりませんが、結果は結果。嬉しいですvv
体重が一切変化がなかったのには驚きですが(確実にお肉は存在しているのに)、視力が落ちていたのがとてもショックです。
眼鏡かけて1.0のはずなのに、両目とも1.0切ってました…。
これじゃ眼鏡かけている意味がない。作り直さなきゃ〜。
裸眼だとどれくらいになってしまっているのか怖いです…。
とりあえず全体的に結果が大丈夫だったのと、健診が終わったのとで、お菓子モリモリ食べちゃってます。

健康診断の意味ってなんだろうね…?(爆)

2008/2/19 Tuesday

のっぷい

Filed under: 健康・料理, 旅行・イベント — koo @ 19:36:10

前回書いた雪見&温泉の話の続きです。
とりあえず山梨県の日帰り温泉に行ってきました。

前回書いた小海線(山梨県小淵沢〜長野県小諸間を運行)方面はちと遠いし、電車の本数も少なく、もし日帰りで行くなら朝早く家を出発しなきゃならんということで止めました。
かわりに甲府駅から出ている身延線に乗って甲斐上野駅で降り「みたまの湯」という日帰り温泉施設に行ってまいりました。

山梨には「ほったらかし温泉」という絶景の日帰り温泉スポットもあるのですが、ここは最近有名になりすぎて県外のお客さんが増えたらしく週末なんかはすごく込んでる。いままで3回くらい行ったのですが(嫁と子供はその倍以上行ってる)、前回行ったときにめちゃくちゃ込んでたので、最近は敬遠してます。

さて、この「みたまの湯」ですが、名前だけ聞くと宗教がかってそうですが、実際はそんなこともない、ごくごくローカルな日帰り温泉施設です。建物も結構新しく、個室お座敷では地元のおっさんたちが昼から宴会をしております。
我々はちょうど一年ぶりくらいで、今回2回目でした。

ここはお湯もいいんですが、食事どころの食べ物がやたら美味しい!
とくに地元の野菜がすこぶる美味で、その野菜を使ったサラダや鍋物など、
ホント何を食べてもうまい。
日帰り温泉施設って食べ物がどうしようもないところが多いですけど、
ここは、そういう面でもおススメです。

ここは別名「フォッサマグナの湯」といまして、フォッサマグナ(日本が乗っかってる北米プレートとユーラシアプレートの境目みたいなかんじ?)からお湯をくみ上げてるのだとか。
で、フォッサマグナが関係してるかどうかは知らんけど、この地域の土壌がちょっと特殊らしく、土がきめ細かくて肥沃なんだそうです。
その土のことを「のっぷい」と言うんだそうですが、
その「のっぷい野菜」と甲府盆地を見渡せる露天風呂がウリなのです。

温泉施設の前にある地元野菜の直販所を見るのも楽しみのひとつ。今回は大塚にんじんという、やけに長〜い人参を買って帰りました。

雪はちょっとしかなくて雪見温泉とはいかなかったけど、そのあと東京も大雪が降ったので、まぁいいか。
 

2008/2/6 Wednesday

ちょいエロ話

Filed under: 健康・料理, 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 12:14:17

da-ta-です。

高校・大学時代、
「モデルやって」と女子に必死に頼み込み、
衣装を着せて写真に撮るという趣味がありました。
今思うと我ながらキモチ悪い事してました。
一回撮らせてくれた子に
二回目の撮影を頼むと絶対断られるんですよ。
あと、モデルやってくれた子の彼氏に写真見られてモメたり。

そんなある日、街で見知らぬオジサンに声を掛けられまして、
「女装とかしないの?今度女装しなよ、犯してやるから……」
などと囁かれました。

「女の子の服は持ってるけど、自分では着ないっすねえ」
と答えたら、オジサンは、
「ええっ服持ってるの?じゃ一人暮らし?」と驚くのでした。
「えっ?実家ですけど?」と言ったら、
悲しそうな顔になり
「それはいけないっ。親が服を見つけたらどんなに悲しむか……!」
と説教を始めるのでした。


10年くらい前、某北関東のラブホにて。
部屋の壁に、
「美味しいケーキがあるので、
ぜひフロントに内線して下さい」
というような事が書いてありました。
無料サービスでした。

でもそんな事はすぐに忘れてしまいました。
ホテルに備え付けのノートに
メッセージを書いて過ごしていたら、
フロントから電話が掛かってきました。
「ケーキを食べませんか」というのです。
「無料」にひかれて頼んでみました。

それにしても通常ヤッてる可能性が
高い状況でそんな電話を掛けてくるのは
いかがなものかと思いつつ、
マッパではマズいので浴衣を羽織って受け取り、
食べてみたらビックリするほど美味いのでした。

今回はネタがないのでかなり前の思い出話
になってしまいました。

3
セーエキが正常に戻った!
彼女(いないけど)も「よかった〜」と泣いてました。
でも病院で貰った薬がなくなりそうです。
飲まなくなったら ぶり返すのでしょうか。
でも今現在が大丈夫だとつい楽観視してしまいます。

2008/1/10 Thursday

風邪

Filed under: 健康・料理 — GYO @ 21:01:34

コミケ2日目(30日)あたりから引いていた風邪がようやく
治りかけてきました。
ちょっと前なら3日位で治っていた気がするのですが、
ここのところ一度引くと10日前後引いてる気がします…。
年齢的なものでしょうか。
来月また健康診断があると思うので、それまでに
3キロくらい減らしておきたいです。
でないとまた再検査になりかねません。
コレステロールとか中性脂肪とかその辺りです。
結局禁煙はできませんねー。

鉄拳6いまだやってます。
早くPS3で出してもらいたいです。(ネット対応で)
そしたら本体買います。ローンで。

2008/1/9 Wednesday

今年の正月は……

Filed under: 健康・料理, ゲーム — PALUS @ 21:02:37

ど〜〜も、松文館のPALUSです。
今年は正月から幸先がよいのですよ。
なぜなら1月2日に雑誌の懸賞が当たったのですよ!
それもDSライト!これで色々遊べるぜ!
スパロボとか、スパロボとか、スパロボとか?(コードギアスでも可)
今年の正月はちょっと体調が悪かったので、初詣にいけませんでした。
変わりに未消化のゲームを消化する事にしました。
「OG外伝」っスよ!
この星の明日のためのスクランブルだぁ!(ゲーム違うかな?)
って感じですよ!
いやぁ、やっぱスパロボはいいですね!
ゲームについていたアンケート項目にあったんですが、次回参戦作品には
やはり「魔装機神」でないっすかねぇ。
あれって版権問題で揉めてるんだっけ?早く和解してくれないかなぁ。
あと今年の食っちゃ寝正月でファミリーマートのでっかいデザートシリーズに
ハマりました。とくにデカプリン!原材料が安物だったのか、お皿に移すと
カラメル部分がペロンと剥がれてしまうのだ!(味は変わらないけど)
あとデッカイプリンアラモード!一番下のコーヒーゼリーとのマッチが
これまた絶妙な味なのだ!
去年の正月は風邪で寝正月だったけど、今年の正月はまぁそれなりに
楽しめたかな?
ってコトで今更ではありますが、あけましておめでとう!
今年も松文館をよろしくね!

2008/1/8 Tuesday

血の話が苦手な方は読まないでください。その2

Filed under: 健康・料理, エロ・性癖 — da-ta- @ 11:33:52

da-ta-です。
前回、話題がグロかったので遠回しに書いたんですが、
意味が分かりにくい文章になってしまい
反省してます。

同じ症状にビビりつつも
病院に行ってない人がいるらしいので
真面目な気持ちで書きます。
「血が出た」というのは、つまり
「セーエキが完全に真っ赤」という意味だったのです。
ネットで調べると、経験者は皆、
重病だと思って絶望的な気分になったようです。
私も同じでした。

しかし医師によると、実はありふれた症状で
子供も普通に作れる、特別な治療も手術も必要ない、
(私の場合は生薬を飲むだけ)
という程度の事なのだそうです。
(全ての人に当てはまるわけではないのでしょうが、
私と同じケースの人が多いらしいです)

「ほっとけば治るんですか?」
と訊ねたら、治る事は治るそうなんですが、
しばらくは続く、と言うのです。
「一ヶ月以上続くようならヤバいという事ですか?」

「短期間で治るかも知れないし、一年以上続く場合もあります」
「一年以上続いても大丈夫なんですか!?」
「続いたとしても問題はありません」

「性行為(彼女いないけど見栄を張った)は控えた方が?」
「いえ、むしろどんどん出した方がいいんです、
はい、シャセーはして下さい」
「はあ……」
「ええ、シャセーはしてください」

2回か3回言われたんですけど、
女性スタッフが近くを通ったりして恥ずかしかったです。

2007/12/11 Tuesday

メガネ、メガネ…

メガネがぽきりと折れました。
朝の満員の中央線の中です。
強度は万全なはずのチタン製のフレームのアームが根元からちぎれていました。

確かにこの数日、様子がおかしいとは思っていたのです。
妙にゆるくてぶらぶらする。
先週、Jリーグ最終節「ヴァンフォーレ甲府vsFC東京」戦を見に行き
泊まった石和温泉の宿で、枕元に置いた眼鏡を嫁に踏まれてしまったのです。
しかし、一見ちょっと歪んだだけにしか見えなかったので、
まさかそんなにも致命的な事態が進行していたとは思いもしませんでした。

内心の動揺を抑えながら、何事もなかったように壊れたメガネをしまいました。
「俺、べつにそんなに目、悪くないから。メガネなくてもべつに平気だから」
誰に聞かれるわけもないのに、心の中でそんなことつぶやきます。
本当はド近眼なくせに、誰に対して見栄を張っているのでしょう。
そんな私をあざ笑うかのように世界は焦点を失い歪んだ異界へと変貌しました。
人の波の押されながら、かろうじて新宿駅のホームに降り立ちましたが、
遠近感が測れないので階段をうまく下りれません。
いまにも踏み外して転落しそうで、恐怖に身がすくみます。
心まで折れてしまいそうです。

なんとか乗り継ぎをこなし会社にたどり着いたときには
すでにへとへとでした。
もちろんメガネがなければ仕事になりません。
目の前のモニターに表示されている文字が読めません。
メガネひとつ失っただけで、まったくの役立たずです。

ちゅーか「おっさん家帰れ」状態です。

結局、家に帰って予備の眼鏡を取ってきましたが、
その往復にかかった時間は3時間あまり。
家、遠いんですよ…。

日常では忘れがちな「メガネ」の大切さに思いをはせ、
そのありがたさを深々とかみしめる一日でした。
 

2007/12/3 Monday

血の話が苦手な方は読まないでください。

Filed under: 健康・料理 — da-ta- @ 11:05:16

da-ta-です。
血の話が苦手な方は読まないでください。
けっこうグロいと思います。
でも健康についての一応真面目な体験談です。

というのもこの前、
出てはマズい場所から血が出たからです。
ドロっと。

つまり私、
一番アレな所から出血があったのです。

ある夜の事。
ベッドにいた私は、下腹部や肌着、シーツが真っ赤に
なっている事に気が付きました。
なかなかの出血量でした。

ストレスを感じると脳内彼女を呼び出す習慣のある私は
「大丈夫よ、da-ta-ちゃん、
私がネットで検索してあげる、大丈夫」
などと慰めてもらいつつトイレに入りました。
腰を抜かして便座に座り込みました。
胸に手を置いて落ち着こうと思ったんですが、
その手が大きく震えてしまいます。
まず下腹部を拭ってからこわごわ見ると、
ケチャップにペタっと浸けたような見た目で、
ゾッとして悪寒に襲われ、全身が震えだしました。

時間が掛かりましたが気合いで立ち上がり、
転びそうになりつつ風呂場に入り、
湯に飛び込んでも震えが止まりません。
湯の中に血が流れ出してしまい
またゾッとして、
「わああ、見たくない」と喚いて
グルグルかき回したんですが溶けません。
桶ですくって外にかき出しました。

(ツケが回ってきた?なんのツケ?
性病は無い。身に覚えが無い。絶対その線は無い。
いや大丈夫。大丈夫だ。大した事じゃない)
と言い聞かせながら震えていました。

検索サイトではたくさんのサイトがヒットしました。
ほぼ全てが真面目な内容でした。
読んでみたところ、珍しくはない症状で、
多くの男性が経験しているようでした。
見た目のインパクトが強烈なので、ほとんどの人が
恐怖におののくそうなのですが、時期がくれば治るらしいのです。
ちょっと安心しました。
しかし、なんだか恐い事も書いてあったので、
安心するには早いと思い、すぐに病院へ行く事にしました。

かなり長くなりそうなので、
病院に行ってからの事は機会があれば次回とかに
書くかも知れません。
大した事ないのか何なのか、まだはっきりはしてないんですが、
とりあえず十中八九大丈夫なようです。薬を飲み続けています。
同様の経験で不安に思っている人がいたら、
病院直行がおすすめです。
「よくありますよー」と軽く言われて拍子抜けしましたから。

2007/11/28 Wednesday

かもされてます…。

Filed under: 健康・料理 — pepe @ 18:35:31

映画の予定はひとつもクリアしていません…どうもpepeです。

ものすっごく風邪を引きっぱなしです。びっくりするくらい。
今週に入ってちょっとだけよくなってきました…。
先週は元気な日なんか1日もないくらい具合悪かったです。
うざいまでの弱りっぷりに、N2さんに「病院へ行け」と怒られ、da-ta-さんにもにんにく注射を勧められて、えっちらおっちら病院に行ってきました(すでに風邪を引いて5日目とかでしたけど)
そんなわけで初体験してきました。にんにく注射。
本当にくさいんですね(苦笑)
ビタミンだかなんだか、体にいいものがいっぱい入った注射で、それがなんでかにんにくの匂いがするんですよね?
打たれてすぐはなんともないんですけど、体内に巡ってくると、鼻と口の奥からものすっごいにんにく臭がしてくるんです…!!
めっちゃくさい!!!(泣)
体内の奥から匂ってくるから逃れられないわけで、拷問のようでしたよ…。
そのあまりのくささに、匂いでやられて病院でさらにダウンしてしまいました…。
でも匂いさえやりすごしてしまえば、元気になれる!という素敵な注射です(笑)
それでも私には匂いのくささのがきつかった感じで、もう極力打ちたくないかな〜というのがにんにく注射を打った感想です。
1回500円でバリバリ元気になれるんなら安いもんですけどね〜。

そんな今は鼻ずるずるは治って、喉が痛いくらいです(なかなか完治しないっていう…ね)
みなさん風邪には気をつけましょうね…。

« Previous PageNext Page »

HTML convert time: 0.128 sec. Powered by WordPress ME