2008/6/5 Thursday

エロ武勇伝

Filed under: 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 10:46:30


大学四年の時(12年前)、合コンに誘われました。
「ヤルのがメインだから、誰かとHしてもらうよ」
と言われました。
合コンに呼ばれるキャラではないのですが、
人数合わせのために誘われたのです。

異性が苦手な私は、会話はおろか
自然に擦れ違う事すらできません。
だから気が進みませんでした。

待ち合わせ場所(銀座)
に現れた女子四人組は可愛かったです。
偶然、初対面でない女子がいて安心しました。

店を用意したのは女子チームでした。
僕等は完全個室の飲食店に連れて行かれました。

立て続けに数杯飲むと、
女子達はパンツが見えやすいポーズになりました。
やがて、
「胸触る?」「どうぞ、うふっ」
という事になりました。
そして、右隣に座っていたコと二人でホテルへ、
という展開を迎えつつありました。
(オイシイが美味しくない。会話やエッチに自信がない)
と思っていました。
僕はムラムラしつつ怖じ気づいていたのです。

しかし、女子の一人が悪酔いし始めました。
怒鳴る、壁を蹴る、タンバリンで殴り付けてくる等々
の事をして暴れるのです。
タンバリンで殴られると痛いです。
仕方なく店を出ましたが彼女は暴れ続けます。
「やめろ、やめろ」と押さえつけたりする内に着衣が乱れ、
ブラ紐や太モモが丸出しになってしまいました。
「スカートだけでも何とかしなきゃ」
「スカートはやばいっす、
暴れないで!やばいやばい!見える!見えてるって!」
(と言いつつも、あられもない姿にドキドキしていた)

街はちょっとした騒ぎになりました。
すると、蝶ネクタイ姿の超イケメン
が現れました。
そのイケメンに怒られました。
大声で怒るわけではないのですが物凄い迫力でした。
震え上がった僕は、
「ごめんなさい、すいません」と女の子を抱えて逃げました。
他のメンバーを置いて逃げました。
おんぶして逃げたのかも知れませんが思い出せません。
自分でも信じられない位、すごい速度で逃げられました。
という訳でヤラずに帰りました。


赤坂サカスに行きました。
サンジャポテトは売り切れでした。

アニー伊藤の店の玉子焼きを食べました。
美味かったです。

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.109 sec. Powered by WordPress ME