2008/6/5 Thursday

エロ武勇伝

Filed under: 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 10:46:30


大学四年の時(12年前)、合コンに誘われました。
「ヤルのがメインだから、誰かとHしてもらうよ」
と言われました。
合コンに呼ばれるキャラではないのですが、
人数合わせのために誘われたのです。

異性が苦手な私は、会話はおろか
自然に擦れ違う事すらできません。
だから気が進みませんでした。

待ち合わせ場所(銀座)
に現れた女子四人組は可愛かったです。
偶然、初対面でない女子がいて安心しました。

店を用意したのは女子チームでした。
僕等は完全個室の飲食店に連れて行かれました。

立て続けに数杯飲むと、
女子達はパンツが見えやすいポーズになりました。
やがて、
「胸触る?」「どうぞ、うふっ」
という事になりました。
そして、右隣に座っていたコと二人でホテルへ、
という展開を迎えつつありました。
(オイシイが美味しくない。会話やエッチに自信がない)
と思っていました。
僕はムラムラしつつ怖じ気づいていたのです。

しかし、女子の一人が悪酔いし始めました。
怒鳴る、壁を蹴る、タンバリンで殴り付けてくる等々
の事をして暴れるのです。
タンバリンで殴られると痛いです。
仕方なく店を出ましたが彼女は暴れ続けます。
「やめろ、やめろ」と押さえつけたりする内に着衣が乱れ、
ブラ紐や太モモが丸出しになってしまいました。
「スカートだけでも何とかしなきゃ」
「スカートはやばいっす、
暴れないで!やばいやばい!見える!見えてるって!」
(と言いつつも、あられもない姿にドキドキしていた)

街はちょっとした騒ぎになりました。
すると、蝶ネクタイ姿の超イケメン
が現れました。
そのイケメンに怒られました。
大声で怒るわけではないのですが物凄い迫力でした。
震え上がった僕は、
「ごめんなさい、すいません」と女の子を抱えて逃げました。
他のメンバーを置いて逃げました。
おんぶして逃げたのかも知れませんが思い出せません。
自分でも信じられない位、すごい速度で逃げられました。
という訳でヤラずに帰りました。


赤坂サカスに行きました。
サンジャポテトは売り切れでした。

アニー伊藤の店の玉子焼きを食べました。
美味かったです。

2008/3/28 Friday

脳内恋愛

Filed under: テレビ・芸能・音楽, 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 12:08:55

歴代脳内恋人

●昭和60年前後(小学4年くらいの頃)

ジュディ(ブラックエンジェルズ)

瞳(キャッツアイ)

●昭和末(高学年)

高井麻巳子

●平成元年頃(中学時代)

渡辺満里奈

●平成4年頃(高校時代)

田中美佐子

●平成6年(大学一年)

キョンキョン

●平成8年頃

ヒロスエ(広末奈緒じゃない方)

田中美佐子は16歳年上なので、

俺が17歳の時、田中美佐子は33歳。

年上好きだったんだなあ、と思います。

学生の時、

キョンキョンと渡辺満里奈を交代で

空想に登場させてました。

私は独り言とか言うので、

「マリナ、おいで、映画が始まってしまうよ。

……間違えた、

今日はキョンキョンの日だ。

今日子ちゃん、お母さんとお父さんが旅行って本当かい?

…………やっぱ、マリナにするか……」

とか暗い部屋でブツブツ言ってました

(本当に言ってた)。

しかし、空想というのは思い通りにいかない

場合があり「今日はマリナの日」と思っていても、

顔が浮かばない時があります。

諦めて「たまには新人にしよう…」と

当時の人気アイドル(名前を忘れた)を起用。

そういう事をしていると、

空想の中で、アイドルや渡辺満里奈や小泉今日子が

ごっちゃになり、スロットマシンが回転するのと同じように、

数人の女性像がグルグルと交代で現れ、

不思議な事に近所のオバチャンが紛れ込みます。

「オバチャン去れ!」と念じると、逆に

イメージが強化され、近所のオバチャンのランジェリー像が浮かんでしまいます。

気色悪いのでアイドルを気合いで呼び戻し、(良かった)とホッとするも、

最後の最後の瞬間にランジェリーオバチャンが……。

2008/2/6 Wednesday

ちょいエロ話

Filed under: 健康・料理, 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 12:14:17

da-ta-です。

高校・大学時代、
「モデルやって」と女子に必死に頼み込み、
衣装を着せて写真に撮るという趣味がありました。
今思うと我ながらキモチ悪い事してました。
一回撮らせてくれた子に
二回目の撮影を頼むと絶対断られるんですよ。
あと、モデルやってくれた子の彼氏に写真見られてモメたり。

そんなある日、街で見知らぬオジサンに声を掛けられまして、
「女装とかしないの?今度女装しなよ、犯してやるから……」
などと囁かれました。

「女の子の服は持ってるけど、自分では着ないっすねえ」
と答えたら、オジサンは、
「ええっ服持ってるの?じゃ一人暮らし?」と驚くのでした。
「えっ?実家ですけど?」と言ったら、
悲しそうな顔になり
「それはいけないっ。親が服を見つけたらどんなに悲しむか……!」
と説教を始めるのでした。


10年くらい前、某北関東のラブホにて。
部屋の壁に、
「美味しいケーキがあるので、
ぜひフロントに内線して下さい」
というような事が書いてありました。
無料サービスでした。

でもそんな事はすぐに忘れてしまいました。
ホテルに備え付けのノートに
メッセージを書いて過ごしていたら、
フロントから電話が掛かってきました。
「ケーキを食べませんか」というのです。
「無料」にひかれて頼んでみました。

それにしても通常ヤッてる可能性が
高い状況でそんな電話を掛けてくるのは
いかがなものかと思いつつ、
マッパではマズいので浴衣を羽織って受け取り、
食べてみたらビックリするほど美味いのでした。

今回はネタがないのでかなり前の思い出話
になってしまいました。

3
セーエキが正常に戻った!
彼女(いないけど)も「よかった〜」と泣いてました。
でも病院で貰った薬がなくなりそうです。
飲まなくなったら ぶり返すのでしょうか。
でも今現在が大丈夫だとつい楽観視してしまいます。

2008/1/8 Tuesday

血の話が苦手な方は読まないでください。その2

Filed under: 健康・料理, エロ・性癖 — da-ta- @ 11:33:52

da-ta-です。
前回、話題がグロかったので遠回しに書いたんですが、
意味が分かりにくい文章になってしまい
反省してます。

同じ症状にビビりつつも
病院に行ってない人がいるらしいので
真面目な気持ちで書きます。
「血が出た」というのは、つまり
「セーエキが完全に真っ赤」という意味だったのです。
ネットで調べると、経験者は皆、
重病だと思って絶望的な気分になったようです。
私も同じでした。

しかし医師によると、実はありふれた症状で
子供も普通に作れる、特別な治療も手術も必要ない、
(私の場合は生薬を飲むだけ)
という程度の事なのだそうです。
(全ての人に当てはまるわけではないのでしょうが、
私と同じケースの人が多いらしいです)

「ほっとけば治るんですか?」
と訊ねたら、治る事は治るそうなんですが、
しばらくは続く、と言うのです。
「一ヶ月以上続くようならヤバいという事ですか?」

「短期間で治るかも知れないし、一年以上続く場合もあります」
「一年以上続いても大丈夫なんですか!?」
「続いたとしても問題はありません」

「性行為(彼女いないけど見栄を張った)は控えた方が?」
「いえ、むしろどんどん出した方がいいんです、
はい、シャセーはして下さい」
「はあ……」
「ええ、シャセーはしてください」

2回か3回言われたんですけど、
女性スタッフが近くを通ったりして恥ずかしかったです。

2007/11/12 Monday

エロチャンス!

Filed under: エロ・性癖 — da-ta- @ 10:19:39

エロスda-ta-です。
飲み屋にて。一人で飲んでいると、
小西真奈美のような女子が入って来ました。
かなり酔ってるようでした。

運良く私の隣だけ空いていました。
彼女は一杯目のグラスを受けとると、私のグラスに近付け、
「乾杯っ」と言ってカチンと鳴らしました。
それだけでポワーッと舞い上がってしまいました。
なんて素晴らしい酒癖の悪さなのでしょうか。

目を合わせてくるので見ると、かなり美形でドギマギしました。
膝や肩を触れられもしました。

しかしご機嫌だった彼女は、やがて
暗い、寂しそうな表情になりました。
話し掛けてみたら、「ほっといてっ」
と言うので、ここまでか、と思っていると、
ジッとこちらを見つめながら髪をかき上げたり、
椅子をずらして寄ってくるなどベタな事をするのでした。

彼女はトイレに入りました。
店の人が「お客さん、イケますよ」と言いました。
「そ、そんな気ないっすよ!」と声が上ずってしまいました。

トイレから出てきた彼女が、
「まだいるの〜?」と言うので
「じゃ、じゃあ、一緒に出ましょうか?」と言ったら
「うん……」と答えるので、鼻血を噴きそうになりました。

高かったけれど彼女の分まで払いました。
近所に住んでるとの事だったので、
フラフラしながらアパートの前へ。
「上がってく〜?」と言われ、
「じゃ、じゃあ」と心臓バクバクで部屋に入ったら、
MAXの懐かしい曲がかかっていて、
スッピンで眉毛のない女の人(ちなみにこの人も美形)
が現れ、怒ってる様子で「どなたですかっ?」と言うのでした。
不純な事しか頭になかったので、
それを咎められたようでアセり、退散しました。

すぐ店に帰って
「ルームメイトみたいのがいたんスけど」と言ったら、
一同爆笑になりました。
おごらされた。

2007/10/24 Wednesday

知人が女子アナと飲み会をしたのに私は呼ばれなかった。

Filed under: テレビ・芸能・音楽, エロ・性癖 — da-ta- @ 11:29:39

エロda-ta-です。

昔、「アタシのテクに男はメロメロ。しかもアタシとHすると、
その男はグレードがアップする。何しろ恋愛経験が超豊富だから」
と言っている人がいまして、
ある夜、幸運な事にアップグレードしてもらえる事に。
ところが私は、凄い力でモノを引っ張られました。
「凄い力」というのは、
「頑固な雑草を引っこ抜く」位の力で、
「ぐあ、ぐああああっ!」と悲鳴を上げたら、
「うふ、感じてるの〜?」と言われました。
いきなり痛いことをされると、考える余裕もなく、
反射的に悲鳴を上げてしまうものです。
速いスピードで何度もグイグイされたんですが、
何が起きてるのかすぐには分からず、制止するのに時間がかかり
「デッ、イデッ、グアッ」と言って、のたうっていました。
大げさでなく、怪我するくらい痛かったです。
皮膚が切れたりしてないか後で調べました。
SM的にやってる様子はなく、普通の力加減だと
誤解してるようでした。
経験豊富というのが単なる嘘なのか、
何か事情があるのか、
でも一体どんな事情・理由があるというのか……。
不思議な体験でした。


友人が女子アナと飲んだそうです。
その友人はテレビや芸能とは無縁の職業です。
でも非常に真面目な人なのでホラ話とは考えにくく、
じゃあマイナーなアナウンサーだったのかなと思いました。
ところが名前を聞いたら、
女子アナ人気ランキング上位〜最上位の3人でした(本当)。
しかも、男3人対女子アナ3人の少人数だったそうです。
知り合いの、そのまた知り合いがそういう関係の職業で、
たまたま「呼ぼうか?」という展開になり、同席できたとの事。
「呼ぼうか?」で来るなんて秋元康かよ、と思いました。

「すごい美人だよ、直視できないよ」と言ってました。
くやしいので、
「威張ってたり、態度デカかったりするんでしょ?」と訊いたら、
「性格良かったよ。普通に話してくれるし」と言ってました。
なんで呼んでもらえなかったのだろう、変態だからだろうか、
と思いました。

2007/9/20 Thursday

学生時代のあだ名は「エロ」

Filed under: 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 10:36:55

da-ta-です。

学生時代の友人らと飲む事になり、
少し遅れて居酒屋に行ったら、
初対面の人(友人の彼氏とか彼女とか)
が数人いました。
「あ、こんばんは」
「こんばんは」
「あ、この人はda-ta-くん、すごくヤラしいの」
「そうなんだよ、こいつすげえエロいんだよ」
「えー、ホントなんですか?
さっきもその話してたんですよ」


夜道で痴漢に間違われた事があります。
私は存在感が無いのか、
私を追い抜いた女性にチカン(または幽霊)
扱いをされたのでした。

ある夜の事。
後方に女性が現れました。
(その女性がコンビニや、別の通りから出てきた、
等の状況だったと思いますが記憶は曖昧です)。

女性の後ろを歩くのは嫌だったので、
(よかった、俺が前を歩ける)
と思っていたら、
その女性は早足に私を抜いて行きました。

男を追い抜き、男の前に出ても平気なのだろうか、
警戒心の薄い人なのか、私が弱そうに見えたのか。

その女性が私を追い抜いてから数秒後、
後方を気にするような素振りを見せたので、
(あの女の人、後ろを気にしてる。
今日の俺はカッコイイのだろうか)
と思いました。

後方を気にするような素振りを2回ほど見せた後、
女性は、今度はグイッとこちらに顔を向けました。
妙な表情をしてそうだったので見たら、
女性は、なぜか恐怖に凍りついているような顔をしていました。
目が合った瞬間、女性はさらに顔を強ばらせ、
走って逃げてしまいました。
私は人に怖がられた経験がそれまで無かったのですが、
皆さんはあるでしょうか。
怖がっている人間は、本当に、コケそうになりながら、
足をもつれさせながら逃げていくものです。

泣きたくなりました。
幽霊と思ったのか痴漢と思ったのか知りませんが、
(あなた、さっき、俺を追い抜いたじゃないですか。
真後ろに俺がいるのは当然でしょう。目に入ってなかったんですか。
そんなに存在感ないですか)と。
目が合ったときの表情も凄まじく、それも泣きたくなった理由の一つでした。
実力派の女優がホラー映画で演技したらあんな風になるのでしょうか。
化け物を見るような顔されたら傷つきます。

十年近く前の話なんですが、今でも悲しくなります。
ちなみにこの出来事について、大体は思い出せるんですが、
一部の記憶がぽっかり抜けています。
特に、どの町で起きた事なのかが、どうしても思い出せません。
ショックだったので、脳が無理矢理忘れようとしているのでしょうか。

2007/8/29 Wednesday

トイレが空いてなくてキレる男

Filed under: 思い出, エロ・性癖 — da-ta- @ 10:22:46

da-ta-です。

1
小学校の低学年の頃から高校生位まで、
ソーセージやウインナーが少し苦手でした。
元々は好物だったのですが、
クラスの誰かが「チンコに似てるぜ〜」
などと言っているのを聞いてしまい、
(確かに似ている)と思った私は、
食べる度に、怖ろしく痛いような気がして
噛みちぎる事ができなくなったのでした。
しかし、味は好きだったので、
「似てない、似てない」
と念じながら内股になりつつ食べていました。

2
駅のトイレにて。
個室にいたところ、外からノックされました。
なのでノックし返しました。
すると外にいた人は、「チッ」と舌打ちすると、
「ばかやろー、なんで空いてないんだよ……」
と低く野太い声で独り言を言うのでした。
それだけでもビビったんですが、
「ちっ」とか「なんなんだよ」、「ふざけやがって」
などの言葉が徐々に大きくなり、
コツコツと壁を蹴り始め、そして
「くぉらー!」と怒鳴るのでした。
震え上がりました。

足音が遠ざかったので、
(帰ったかな)と思っていたら、
駆け足の音が聞こえ、
その足音が間近に迫ると、
ズンッと壁を蹴る音が響きました。
音の聞こえ方から想像するに、
高い位置を蹴っているようでした。
助走をつけて跳び蹴りしてるのです。

幸い、私の隣の個室が先に空きました。
怒っていた人は、
個室へ入り、小さい声でブツクサ言っていました。

安心して外に出ると、
(どんな人なんだろう)
という興味が湧いてきました。
怖そうなヤンキーとか、
かなりコワモテの人を想像していました。

トイレに戻り、鏡の前で髪型を直すなどして
待っていると、やがて出てきたので、
怖々見ると、普通以上におとなしそうな人でした。
真面目な大学生、という感じです。
人の出入りが非常に少ないトイレでもありましたし、
間違えようがありません。
確かに彼がキレていたのです。
ちょうど売店で何か買いそうだったので、
近くに寄って様子を見ました。
店員さんに、
「あ、麦茶ください」とか
「あ、200円で」とか言っており、やはり
普通以上におとなしそうな感じでした。

2007/8/15 Wednesday

フラれる

Filed under: エロ・性癖 — da-ta- @ 10:48:01

da-ta-です。

16歳から32歳までの間の、
「彼女がいた」期間を全て足したら、
たぶん計1年8ヶ月位です。短いです。
その事とは何の関係もないんですが、
「トリートメント剤を陰毛に使ったら
毛質が良くなるのだろうか」とある日思いました。
自分で試してみたんですが、
自分のを観察するのも気色悪いので、
当時交際をしていた女の子に
「実験させて」と頼んだところ
快諾してくれました。
変化はあまり分かりませんでした。

2
妹がノックをせずに、私の部屋のドアを開けました。
何度言ってもノックをしないのです。
私は自慰中だったので、
妹は何も言わずドアを閉めました。
ズボンを穿き、
「何?」
とドアに向かって声をかけると、
妹は普通の口調で
「開けていいの?」
と言うのでした。
「開けていいよ」
と答えました。

妹に自慰姿を見られるのが何度目か、
もう分かりません。
それくらい何回も見られているのです。
妹は慣れてしまったのか、
悲鳴なんて上げませんし、
謝りもしません。
恥じらいも見せません。
私は毎回恥ずかしいです。

2007/7/30 Monday

超美人にモテまくる夢をよく見ます

da-ta-です。

最近、アイドルや女優が夢に次々出てきて、
交際したり飯を一緒に食べたりしてくれて楽しいです。

先日は優香と付き合ってる夢を見ました。
夢の中で私は、
「優香みたいに美しい子と
付き合えるとは、なんて幸せなんだ、
可愛い、好きだ、なんでもしてあげたい」
とか言ってました。

あと最近夢に出てきて、親密になったのは、
中川翔子と加藤ローサです。
私はかなり実感に近い夢を見るので
気分良かったです。
ちなみに夢に出てきた寿司でも美味しく
食べられます。

女優やタレントが初めて夢に出て来たのは
16歳の時です。
相手は松原千明でした。
当時、松原千明は33歳くらいです。
かなり年上です。
夢の中で、松原千明は書道家の妻でした。
私と不倫旅行に行くのでした。
宿を訪れた日は雪が降っていました。
隠れ家的な露天風呂に二人だけで入りました。
しっとりしたうなじが美しかったです。


先週の土曜日に隅田川の花火を見に行きました。
花火をほとんど見ず、
ラストの激しいところだけ見よう、
と話してたんですが
いつの間にか終わってました。

« Previous PageNext Page »

HTML convert time: 0.115 sec. Powered by WordPress ME