2007/3/26 Monday

今日自分、誕生日っした。

Filed under: 健康・料理, 思い出 — doku-kinoppy @ 22:38:03

はじめましてこんにちは。

『誰にも言えないマル秘』や『危険恋愛H』を担当してます、doku-kinoppyです。
な、長いので、キノコって呼んでください…。

えー、とりあえずお初なので今日は軽く、なんでワタクシがキノコと呼ばれているのかを
お話させていただこうかと思います。

あれは〜、5年前〜…。

まだ松文館に入りたてであんまり慣れてないころ、突然、左耳に激痛が走ったのです。
「イテェッ!!」
なんでしょう、なにかしら?耳があんまり聞こえないわ。
当時の同僚と昼ごはんに行くところだったんですが、なんか飯食ってる場合じゃない、
感じたことのない危機感に襲われたので、すぐさま耳鼻科に駆け込みましたら、なんと
耳からエノキダケそっくりのちっこいキノコが採れたんです。

わぁ、おいしそう♪
つうかエーッ!?
サルマタケ?サルマタケ?

いや、パニックです。

へそからシイタケが生えた人の話とか聞いたことありますけど、まさか自分が耳から
エノキを生やせるだなんて。

すばらしい自給自足です。

アルミホイルに包んでバターを乗せてね…って、アホーッ!!

ショックのあまり会社でまだちょっと他人行儀な同僚に、
「あの、実は私…耳からキノコが生えまして…今日、早退していいですか」
とか言ったかどうか記憶が定かではありませんが、とにかくその噂は矢よりも早く
社内中を駆け巡り、その日から私は晴れて「キノコ」と呼ばれるようになったのです。

いや、結果的に良かったですよ。それきっかけでなんか馴染めたような気もするし。

あれから5年〜。今は当時のことを知らない仲間も増えましたが、知らないままに
「キノコ」とか「キノコねえやん」とか呼ばれてます。

結局、あれはキノコじゃなかったんですけどね。本当は、肺炎球菌ていうどこにでもいる
菌がたまさか私の耳に入り込んでキノコによく似たカタチで出てきたってだけのことなんですが、
そんな真相言っても誰も聞きゃしねえ。キノコが生えた方がインパクトあるから本当にキノコが
生えたことになってます。ええ、もう、それでいいッス。はいはい、キノコ生えた生えた!

そんな私の愛らしいエピソードから生まれたキャラクター、胞子岡としじみ貝の冒険活劇が
読みたい方は、偶数月月末発売、『誰にも言えないマル秘』を読んでね!
貝とキノコが時に教育を語り時に政治を斬りして現代社会に鋭いメスを入れてませんが、
90%実話な打ち合わせ風景…つか、世間話?いや…。
ま、まあとにかく、興味のある方は是非一度お手にとって見てみてください。
ちなみに現在発売中の『誰にも言えないマル秘いけないH』では、池袋シネロマンという
ポルノ映画館に行った貝とキノコがポルノについて語っております。

あ、余談ですが、耳にキノコが生えたらぐりぐりせずに耳鼻科でぬるま湯で洗ってもらおう。
ち、ちょぉ〜う、気持ち良いッスよ!ゾクゾク〜って、するから。ゾクゾク〜って。
 

Next Page »

HTML convert time: 0.103 sec. Powered by WordPress ME