2007/8/9 Thursday

毒と薬

Filed under: ガーデニング・ペット — SCAT @ 19:10:38

先日、家人の実家にお邪魔して、
暑い中つらつらと庭を眺めておりました。

驚くほど多花なキンカンの花序がほころびはじめ、
サルスベリの桃色の花もまだたっぷりと。
ハンゲショウやキョウチクトウの花は散り始めていました。

今年は冷夏で梅雨入りも遅かった所為か、
夏の花々はなんとなく居心地悪そうに、
ひっそりと咲いている気がします。
季節を先取りして咲いている秋の花もちらりほらりと。

幼い子供達が、花を摘んでは遊んでいるのを見かける度、
有毒植物の事が気になります。
例えば庭や公園、山野に得体の知れないキノコが顔を出していたとしても、
大多数の大人や子供は、いきなり食べる事もないでしょう。

けれど案外身近にある毒草は、
大人達にも知識が無いことが多いようです。

毒草としてトリカブトや彼岸花、ハシリドコロにアセビはご存じでも、
スズランやジギタリス、キンポウゲやキョウチクトウあたりは怪しいところ。
売っている花屋さんでも特記することもなく、
これらの園芸品種はまた見事な花を付けたりする物です。

基本的に毒と薬は同じ物、
毒物の致死量と分量の兼ね合いで、
大変役に立つ強心剤やなんかに化けたりするのも
面白いところですね。
広島の青空の下で真っ赤に咲き誇るキョウチクトウ、
まさに平和のシンボル。
使い方を間違えないで欲しいものです。

因みに我が庭にある有毒植物は、
アセビとキツネノカミソリくらいなのですが
(気を付けるに越した事はないので)、
幼児が口にしたりしないように注意しております。

モロヘイヤの種はヤバイので絶対口にいれない!
雑草のトウダイグサの類も触るとかゆくなったりするので、
皆様お気を付けあそばせ。

写真はカジイチゴの葉の下から花茎を伸ばす、
アガパンサス‘ストリームライン’。
毒とは無関係です(7/26)。

image.space.rakuten.co.jp/lg01/81/0000578681/81/imgea56383czikczj.jpeg

ナガサキの日に。
SCAT

Next Page »

HTML convert time: 0.107 sec. Powered by WordPress ME