2007/11/9 Friday

20年ぶりに大学の恩師に会う。

Filed under: 映画・DVD — taka @ 17:11:01

タカです。
先週、20年ぶりに大学の恩師にお会いしました。
わたしは某美大の映像学部の卒業生なのですが、
恩師が7年がかりでドキュメンタリー映画を完成させたというので、
見に行ったわけです。
題名は『Cuba/Okinawa サルサとチャンプルー』
戦前、キューバの離島、フヴェントゥ島に渡った日本人がどのような変遷を辿って
きたかというドキュメンタリー映画だ。
2007年、現在、フヴェントゥ島の日系一世の日本人は99歳の男性一人
しかいない。日系二世、三世になるにつれ日本語はしゃべれなくなり、
徐々にキューバに溶け込んでいく。
そんな中で「日本に帰りたい」と願いながらキューバの地で死んでいった祖父の骨
を持って息子と孫が沖縄に辿りつく。しかし、その息子と孫は逆に沖縄の地が気に
入り、結婚した娘をキューバに残して沖縄に定住してしまう・・・。

戦時中の話なども出てきて、かなり重い映画のはずなのだが、キューバと沖縄の
明るい景色と音楽(サルサと沖縄民謡)のせいで、そんなことが全然気にならない
不思議な映画だ。

それにしても恩師は70歳も近いというのに精力的に活動していて本当に頭が下がった。
そして、時が流れる速さを身をもって感じました。

2007/11/7 Wednesday

月光奇譚

茸です。

明日までなんですが、銀座Angel Dollsという人形館で『月光社』の人形展を開催しています。
これは、10月に発売された弊社単行本『月光奇譚』と連動した人形の企画展です。
作品の登場人物である人形師、月也が作中で造った人形を、我々が生きるこの世界の人形師、つじとしゆきさんが月也に成り代わり月也として実際に造ってしまったという、こちら側とあちら側の境界線を越えた幻想的な世界を堪能できます。まるで作品の中に迷い込んでしまったような…。
この世の物とは思えないほど美しく、恐いような妖しさを醸すビスクドールを是非ご覧下さい。
できれば行く前に『月光奇譚』を読んでから行くと尚良し。で、ごさいます。

会場には、作者の杉本ふぁりな先生のサイン本もありますし、超美麗カバーイラストの原画も展示されてますよ!印刷と原画の違いなど、比べてみるのも一興です。
sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20071107195537.jpg

こちらがカバーイラスト。美しいでしょ?

で、展示を見終わったら再び本屋に行って、『誰にも言えないまる秘ムリヤリH体験』を買って帰る…と。
巻末の「新・海崎おねえやんのしじみ貝の夜」で、この人形制作真っ最中の月光社工房を取材しております。読めばもっと杉本ふぁりな先生のことや人形師つじとしゆきさんのコトが詳しくわかりますよ!
ファン必見です!

銀座Angel Dollsのホームページはこちら↓
http://www.angel-dolls.com/

銀座駅A3出口から三越じゃない方へまっすぐです。歩いてる内に人形館の看板が上の方に見えてきます。

昨日のpepeへ。
『クローズZERO』観たよ。超グッときたぜよ!小栗旬を初めて格好いいと思ったよ。
でも私は山田孝之派だなっ。あ、それから『クローズ』原作貸して〜。原作は全く読んだことないんだよね〜。

2007/11/6 Tuesday

映画の予定

Filed under: 映画・DVD — pepe @ 19:22:36

ホラーとかバイオレンスとか好きなpepeです。

観たい映画があります。
「SAW4」
「クローズZERO」
は絶対観たくて、機会があったら
「バイオハザード3」
「仮面ライダーNEXT」
を観に行きたいかな。
仮面ライダーは特別好きなわけじゃないんですけどね。ちょっと…。
バイオハザードは1・2とテレビでやっているのを見て、思っていたよりは面白かったので3も観たいと思いました。
2はゲームのキャラとか出てきてたから楽しかった気がするんですが、それにしてもミラ・ジョボビッチの変化がすごい。
1は可愛かったのに2では別人のように太っている…!!(汗)
3も…太ってるんだっけ?実は妊娠してるのが分かったのは撮影後だっけ?
今もまた別人のように太ってますよね…(苦笑)いいんですけどっ。

「SAW4」は待ちに待っていたので、今から観に行くのが楽しみです。
かなり今回もグロイらいしいのでワクワクドキドキ。
ジジイがどうなったのか気になります。
SAWはグロイのが平気な人には是非オススメしたい作品ですよ。
でもポップコーンとか食べながら観ない方がいいかな。食べれなくなっちゃうよ。
「クローズZERO」は漫画の「クローズ」が大好きなので、かなり気になってます。
最初はちょっと見たいかな〜くらいだったのが、今はすごく見たい。
評判もいいし、懐かしいキャラとか出てくるみたいだしそれが見たい!

いつ観に行けるのかしら?
日本は映画高いから嫌ですよね。もっと気軽に色々観に行けたらいいのに…ね。

2007/11/5 Monday

母上さま……たぶん、そうみたいです…。

Filed under: 近況・その他 — YAM @ 18:46:46

先日、実家の母から電話が…。
内容は、2つ上の姉が彼氏とうまくいっていないようで、
「別れた」か「別れてない」のか?
さりげな〜く、聞いて欲しいとのことでした…。

(も〜、ほっといてあげればいいのになぁ…)
と、はじめは思っていたんですが、

一日おきに「どうだった?」「どんな感じだった?」とメールの嵐で、
しかも、今度はこっちにも話が飛び火しそうだったので、
急いで姉に連絡を…。

『なんか〜お母さんが心配してたけど…どう? 最近?』

とのメールに、姉から返事が!

題名:雄一郎
本文:ついに、猫を飼うことにしたよ!
   いろいろうるさいんで、お母さんにはナイショにしといてー。

↓雄一朗

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20071105182556.jpg

↓雄一朗

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20071105182050.jpg

↓そして、雄一朗……。
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20071105183051.jpg

………。
…………おかーさまー!
たぶん…このひと、わかれちゃってますよーーー(泣)
(うーん…彼女に、幸あれ…☆)

2007/11/2 Friday

サフラン色の不思議

原田真二の『タイムトラベル』という曲をご存知だろうか?
代表曲『キャンディ』に次ぐ認知度、『愛してかんからりん』よりはヒットした名曲。
「時間旅行のツアーは如何?」と繰り返すサビを記憶している方も居るかも知れない。
その中のフレーズに「蕃紅花(サフラン)色のドアを開けた〜よ」という箇所があって、
当時の私は「サフラン色って何色?」と悩んだものだった。

今年の猛暑の影響か、秋なのに咲いてしまう春の花に混じって、
我が庭でもやっと咲き出した秋の花、サフラン。
土に植えないで机の上に転がしてても、
日照さえあれば開花するほど手が掛からない球根だ。

花はきれいな紫色なのだが、特徴的なのは三本の赤い雌蘂。
この雌蘂を乾燥させて集めると、世界一高価なスパイスとなる。
香辛料としてのサフランの使い方では、
成分を抽出したお湯で米を炊く「サフランライス」が最もポピュラーだろう。

そこで「サフラン色」の謎に戻るのだが、
サフランライスは俗に「黄色」である。
そんなことから、当初の私は「サフラン色=黄色」と思いこんでいたのだが、
実はスパイスとしてのサフランは、雌蘂の色通り「赤い」のだ。
スパイスに凝ってた頃は「サフラン色=赤か黄」と信じ込んでいた。
更に最近、花を愛でるようになってからは、
「サフラン=紫」という方程式が頭に刷り込まれてしまっている。

果たして松本隆はどのように考えて作詞したのか。
また原田真二はどう思って作曲し、歌ったのか。
何故か今頃になって、気になってしょうがないSCATなのだった。

image.space.rakuten.co.jp/lg01/81/0000578681/13/imgc7798c34zik0zj.jpeg

2007/11/1 Thursday

11月です

Filed under: スポーツ・アウトドア・車 — koo @ 20:19:30

はじめてブログに参加しますkooです。
この前の日曜日、久し振りにサッカーを見に行きました。FC東京VS川崎フロンターレ戦。ウチは嫁がFC東京サポーターなので、味の素スタジアムでのホームゲームは自動的に休日の予定に組み込まれてしまうのです。前の味スタでの試合のF・マリノス戦は子供の幼稚園の運動会とかぶって見に行けなかったので、1カ月ぶりの生サッカー観戦、楽しみにしてました。で、結果はというと、0-7でボロ負け…。7点差って、一体何の試合だよ!? 東京はあまりにもふがいない戦いぶりで、6点目以降の失点はゴール裏の東京サポからもフロンタさんへの拍手が起きる始末。中盤の梶山(五輪代表)と福西(元日本代表)のふたりがいないと、こんなにも守備がザルになるのかと見ていて哀しくなりました。この日は「ブラジルフェス」で国際基督教大学のサンバチームの演奏とダンスがあったりもしたのですが、女子大生サンバクイーンの露出度満点のセクシーダンスもバツが悪いばかり。そりゃ原監督も解任されるっちゅーの。
サッカーを知らない人に原監督っていうと、誰しもが巨人の原辰徳監督を思い浮かべると思いますが、FC東京の原博実監督のことです。もうすぐ天皇杯が始まるんですが、このままじゃあTDK SCにさえ負けちゃいそうですよ。ちなみにぼくは野球は全く興味ないんですが、日本シリーズだけは注目してます。ダルビッシュが好きなもんで。やっぱりイケメンの選手は応援したくなりますよね。FC東京にもJリーグ屈指のイケメン・増嶋選手、通称マッスーが居るんですけど、今シーズンは甲府にレンタル中。残念ながら甲府はJ2落ちしそうだし、俺達の増嶋選手にははやく東京に帰ってきてもらいたいものです。

« Previous PageNext Page »

HTML convert time: 0.122 sec. Powered by WordPress ME