2007/5/2 Wednesday

白花イブキジャコウソウ

Filed under: ガーデニング・ペット — SCAT @ 13:35:01

さて、本日は私・SCATの誕生日でございます。
GWの中日は何かと忙しく、なかなか祝ってもらえないので、
HMV辺りでRUSHの新譜でも買って帰ろうっと。
自分にプレゼントです……セツナイ(>_<。)。

そろそろ芽吹きもひと段落した昨日のこと、
柏駅に向かう途上で、小さなお花屋さんを発見!
ちょい古風な店構えで、好みの山野草なんかあるかしら、
と立ち寄って見ました。

店の前に並んでたのは野菜類が多めでしたが、
山アジサイやオキナグサ、ペチュニアなんかの脇にひっそりとハーブが。
そのいかにも見切り品ぽいカゴの中に、
タイム類に混ざってイブキジャコウソウの白花を見つけて、
つい買っちゃいました!

イブキジャコウソウは日本自生のクリーピングタイムで、
うちの庭にも通常の桃花種が植わってます。
シソ科の多年草で、葉や花など全体から芳香を発します。
俗に言う「タイム」の香りですね。
洋種のものに比べると香りも優しく、花が少々大きめとか。
とはいっても、コケモモなんかと同様に這い性で、
高さはせいぜい10〜20センチくらい、花径も5〜6ミリなので、
満開にならないと目立たないのではありますが……。
芝生代わりに植えてる植物園なんかもあるらしいです。
株の更新が大変そうですね。

で、この白花種、通常種に比べると少し葉の色が明るくて、
香りもオレガノっぽいかなあ(勿論、タイム臭が最も濃厚ですが)。
取りあえず、早く帰って植えてあげたいです(まだ帰ってなかったのかっ!?)!

因みに春植え球根も同時購入。店員さんによると、
今年は地温が低いとかで、
ようやく今頃から植え付けシーズンらしいですね。
宿根アサガオ(ヘブンリーブルー)なんかは、8月くらいに種を撒くと、
秋に開花して長く楽しめるそうです(種撒き時期をずらして次々と開花させるのも良いなあ)。
他にも皇帝ダリアとか勧められましたが、どこに植えろっちゅうんじゃ!
(註:成長すると3〜5メートルになる木立性のダリア。綺麗だしインパクトは凄いんだけど)

現在のうちの庭では、一季咲きと四季咲きのイチゴ、
西別コケモモと件のイブキジャコウソウが開花中。
原種チューリップ(ブライトゼム)、イカリソウ(寿)が満開。
鉢ではザルジアンスキア(ムーンライトフレグランス)、
原種クレマチス(カザグルマ)、八重咲きチューリップ(アバ)、
ゼラニウムの赤花が満開。
他にはガウラ(夕映え)、桃色タンポポが開花中。

夏に向けてどんどん花壇は賑やかになりますが……、
やっぱ写真無いと厳しいよね、このブログ。
どーしたら上げられるのか……おしえてーサミアどーん!!(……ヤバい!?)

私信:一昨日、無事に男児生まれました。
それにつけても年間シートは羨ましいなあ。

Next Page »

HTML convert time: 0.100 sec. Powered by WordPress ME