2007/5/29 Tuesday

市街地戦、最終編

Filed under: ゲーム, PC・Web・モバイル — PALUS @ 20:55:13

コツ…コツ…コツ…
足音だけが不気味に響く。今建物の中にいるのはオレとヤツだけだ。
気配も消さず、足音もワザとたててやがる。油断か、それともワナ?
どちらにしろ、コレで決着をつけてやる。
武器はナイフとDB_COLT(拳銃)[弾は二発]だけ、だがこれで勝てる。
イヤ、勝つ!
コツ…コツ…
徐々に足音が近付いてくる。だがそんな事に気をとられている暇は無い。
タイミングが重要だ。遅すぎず、早すぎず、アイツが入り口から引くも攻めるも
最も離れた位置に来るまでだ。
コツ…コツ…
フッと視界が一瞬暗くなる。
何だ、出血の影響か? クソッ、血を流しすぎた。ナイフを太腿の傷口に
当てるとそのまま傷をえぐる。
!???!?!?!?!
痛みで意識がはっきりした。まだだ! もう少し、もう少しだ!
コツ…コツ…コ
入り口で足音が止まった。気付かれた! イヤまだだ。
「どうした? くそバケモン。オレはここだ!」
相手は百戦錬磨の、それも生粋のイカれた殺人鬼。勝機は薄い、だが今のヤツ
ならオレに執着しているヤツならワナにかかるはずだ。
口の端が不気味に釣り上がり、狂った微笑を形成する。
「KYIYAYAYAYAYA」
悦び、怒り、興奮、衝動あらゆる感情が空気から伝わってくる。
ヤツに向けて銃を一発、撃ち込む。その弾丸を予測し、柱を、壁を、天井を
駆け上り、オレの背後に回り込む。
振り返り銃口をヤツに向けるが、銃身ごと右腕を切り落とされる。
オレの返り血がヤツの顔や服を染め上げる。一瞬の悦びを噛み締め、更にオレを
イタぶろうと一番苦しむ、腹にめがけてナイフを突きつける。
KATHI!
肉を貫く感触を楽しみにしていたヤツの顔が怪訝な表情を浮かべる。
オレの裂けた服から重火器兵の対戦車地雷が顔を覗かせる。その信管部分には
ヤツのナイフが突き刺さっていた。
「?」
一瞬、キョトンとしたヤツの顔。それがヤツの最後の表情だった。
DOGAAAAAAN!
意識が飛びそうになる。対戦車地雷の衝撃が腹をモロに直撃する。
地雷との間に工兵の防弾ジャケットを刻んで小さくして、腹に仕込んでおいた
とはいえ、生きているのが奇跡だ。肋骨のほとんどを持っていかれたが、命の
代償には安いもんだ。
ゴフッ
喉の奥からあふれ出る血を吐き出し、口を拭う。
ラビッツは爆破をまともに受け、壁に叩きつけられて動かなくなっていた。
「終わっ…た…」
気を抜いた瞬間、床に倒れ動けなくなる。
折れた肋骨が肺を傷つけたのか、呼吸も上手く出来ない。
その時、何かが動いた。
首だけをかろうじて動かすと、ラビッツは満身創痍ながらこちらへ
近付いてくる。
「KYIEEEAAAA!」
断末魔に似た叫び声と共に振り上げ、オレにナイフを突き立てようとする。
ダメだ、殺られる!
ZASYU!
肉を抉る独特の音がした。だが、死んだのはラビッツの方だった。
「な…ん?」
ヤツの喉元には投げつけられたナイフが深々と刺さっていた。
誰が? そう言ようにも声が出ない。
「さすがね、強化兵を倒すなんて」
その声の主はオレを助けた衛生兵、彼女だった。
「ガッ…グ」
何で? そう言おうとしてももう意識すら保てない。
「合格よ、アナタ」
そう言うと無線で連絡を取り、救急医療ヘリを要請した。
「本当はアイツに手傷を負わせる程度でよかったんだけど、途中で暴走しちゃ
ってね。でもまさか、倒せる人間がいるなんてね。あなた本当に人間?」
あきれながら応急処置をし始める。
「よくて五分五分、でも大丈夫。あなた悪運だけは強そうだもの。私達の組織は
そういう人種が必要なの」
彼女の言っている事が段々聞き取りづらくなってくる。眠い、とてつもなく眠い。
「大丈…、組…は……を死なせ……わ」
ヘリの音と彼女の声がごちゃ混ぜになってくる。
この後、オレは人生の後悔と不条理のオンパレードに嘆く事になるが、
それは別のお話。

ど〜〜〜〜〜〜も、松文館の編集員PALUSです。
かったるい、もとい好評(?)だったWarRock市街地戦は今回で終了しまし
た。いや〜、実体験を元にしても6割以上が脚色じゃあんまり意味無い気がする
今日この頃です。次回は違うゲームを題材にしてみます。
そうそう今、「らき☆すた」のDSゲームにハマってます。脳トレ系ゲームなの
だけど以外に面白い。対戦も出来るし、何か萌え系入って面白さが倍増!
よっしゃ、今週でコンプリートしてやるぜ! ってことで、ゲームのやりすぎで
ちょ〜〜〜〜と灰じゃなくてハイになっているPALUSでした。失礼しま〜ス

Next Page »

HTML convert time: 0.100 sec. Powered by WordPress ME