2007/5/16 Wednesday

平穏

Filed under: 近況・その他 — GYO @ 14:18:45

こんにちは。
もう5月も半ばです。
今年もあと半年かと思うと早いものです。
年を重ねる毎にそう感じます。

6月まで近隣のマンション建設工事がお休みの為、
今月は、かなり久しぶりに家の周りが静かになっていて
快適に過ごしています。
やっぱり朝、騒音で起こされないっていうのはいいですね。
また2週間後からうるさいわけですが…。

引越しないかぎりあと半年は騒音問題に
悩まされるので先日イヤマフを買ってみました。
3000円位の安いものなんで、耳栓ほど
効果はないんですが、耳栓してからイヤマフつけたら
どれだけ静かなのかなーと興味があったもので。

結果はいつも見てるテレビの音が
ほとんど聞き取れない位になります。
ちなみにキーボードをカチカチ打つ音はちょっと聞こえます。
静かに読書をしたい人、
ちょっとした音でもイライラする方なんかにもオススメです!

これで何回かにわたってしつこく書いてきましたが、
騒音対策もバッチリ!
安心して静かな暮らしができます^^

でも実際イヤマフは、家でもメガネをかけている
自分にとって、メガネの上から付けると
イヤマフとメガネのフレームが重なるところが
かなり圧迫されるんです。
窮屈で一時間が限界のような…。
メガネしてなかったらきっともっと平気なんだろうけど。

2007/5/15 Tuesday

雪原での戦闘!?

Filed under: ゲーム, PC・Web・モバイル — PALUS @ 20:54:13

DOGAAAAN!
虎の子の手榴弾(最後の一発)を投げ、建物を背にラビッツから距離をとる。
ったく、冗談じゃない。なんて化け物だ。
悪態つく暇もなく、乗り捨てられている廃車の陰に身を隠し周りを見渡す。
辺りには誰もいない、少なくとも銃声はしないがそんなものは無意味だ。
オレが撃った弾丸で傷を負った奴が怒り狂い、敵味方見境無く皆殺しを始めた。
動くモノ、生きているモノ、自分以外のモノすべてをナイフで切り裂き、
何百メートルも離れているオレの、しかもコンテナの隙間に隠れて様子を
伺っているオレの視線を捕らえやがった。
「はぁ、はぁ、はぁ、っくそ、マジで化けモ…!?」
鳥肌がたち、とっさに真横へ飛び移る。
その直後、ナイフの一線が廃車を切り裂く。廃車がバターのように切り裂かれ
耳障りな音が響き渡る。
太陽の光を背に奴がこちらをゆっくりと向く。影で顔が隠れているため、表情は
伺えないが歪んだ笑みを浮かべた口と、大きく見開かれ、血走った目がこちらを
捕らえる。
本来なら偵察兵は基本的に対人戦闘、特に近接戦闘は不得手のはずだ。
だがコイツはむしろ、積極的に近接戦闘を仕掛けてくる。
ただのナイフ使いなら十分戦えるはずだった。だけどコイツは異常だ。
気配が全く無い、未来から来た某人型殺戮マシーンの方がまだ可愛げがあると
いうくらい無機質的で、まるで機械相手に戦っている気分だ。
呼吸、発汗、体臭といった人間臭いモノがまるで無い。そして何よりあの目だ。
感情が無く、こちらを敵とも人間とも、生き物とも認識していない。
まだ敵を嬲り殺すサディスティックな目をした兵士のほうがわかりやすくて
ずっとマシだ。
「このクソ化けモン!」
DOGAGAGAGA!
DC_TYPE89(自動小銃)をラビッツに向けて連射する。
だが奴は空中へジャンプし、体をねじりながら弾丸を全て避け、さらに
DB_COLT(拳銃)で反撃をする。
「うおっ!」
奴の弾丸がオレの太腿を貫く。
痛みに耐えながらDC_TYPE89(自動小銃)でけん制し、奴から離れる。
くそ、ドジッた。
服のすそを破り、止血に当てるが長くは持たない。
おまけに手持ちの弾丸が底をつきかけている。
手詰まりだ。どうする?
橋の下を潜り抜け、廃墟のビルに駆け込む。寒さと出血で体が重く感じる。
半開きになったシャッターを潜り抜けるとそこは死体で埋まっていた。
敵も味方も見境無く、ナイフで切り刻まれていた。
床にはおびただしいほどの空の薬きょうが転がっていた。
反撃する前にやられたのか、中にはまだ使える弾丸も武器も多数残っていた。
カツーン、カツーン
静かなビルの中で足音が響き渡る。余裕のつもりか、足音を隠そうともしない。
挑発のつもりか舐めるな、化けモン!
こちらを舐めているアイツの態度に、怒りが湧き上がる。
最後の力を振り絞り一か八か、最後の勝負に出る。

ど〜も、松文館のリーサルウェポンことPALUSで〜す。
いや〜最近、学生時代と比べてゲームで貫徹するのが辛くなってきました。
年かな、やっぱり……。ネットゲーム、いいですね。部屋にいながら世界中の
人たちと通信対戦できる。べんりですねぇ。
ネットはいいねぇ。まさに文化の極みだよ。(某第17使徒風)
寝不足でちょ〜っとハイになってますが、まあ気にしないで下さい。
今更ながらDSのスパロボWにハマってます。ゲッ○ーやマジ○ガー、ガン○
ムもいいですが、私は断然テッ○マンです、それもブ○ード。
ゲーム内で操るたびに、気分はまさにテックセクタァァァァァ!(意味不明)
でもあんまりやる時間(他のゲームをやっていて)が無いのでまだクリアして
ません。今夜も睡眠時間を削ってもプレイしてしまいそうです。
次回のブログまでにはクリアするぞぉ!では、失礼します!

2007/5/14 Monday

一億数千万円の時計買う人いるの?

Filed under: ファッション・玩具・インテリア — da-ta- @ 10:38:00

da-ta-です。
ある女性から、
「お前のブログは毎回キモい。
キモいのは顔だけで十分なんだよ、この
糞野郎!」と面と向かって言われたので
たまには普通の事を書きます。

いろんなDVDが出てますが、「腕時計のDVD」
というのを見かけました。
アイドルやスポーツとかなら、DVDで観るのも分かります。
でも腕時計とは?
不思議に思い、内容説明を読んでみました。
時計内部の機械がカチカチ動いてる場面が収録されてるようです。
それをテレビで見て面白いのかどうかは知りませんが、
いろんな趣味の世界があるなあと思いました。

そういう私も腕時計のカタログを見るのは好きです。
数千万円の腕時計が普通に売られてる事に驚きます。
クラシックな技法で複雑な機械を造ると、超高価になるらしいです。
「ダイヤで飾ってるから高価」というのなら分かりますが、
「中身の機械がクラシックだから高価」というのも不思議です。
しかも現代の技術で造れば安上がりなのだとか。
G-SHOCKは頑丈だし正確ですけど1万円未満でも買えます。

8000万円〜1億数千万円の腕時計もあります。
宝石や金でギラギラしてる訳ではなく、シックなデザインです。
カタログで10万円台の時計と見比べても見分けつきません。
店頭でも1千万円以上の時計を見ました。
確かに高級な雰囲気ではあるんですが、
「すごい高そう。これも1千万?」と思って見た時計が
20万円位だったりして区別がつきません。

見るからに高価そうなフランクミューラーでも、
100万円台、300万円台、いちばんすごいので一億円台
と凄まじい開きがありますが、
100万円台と一億円クラスの違いは、カタログ写真では
さっぱり分かりません。

専門誌には、例えば、
「中身がトゥールビヨン機構だと、
1千万円以上の価格になる場合がある」
とか、解説してあります。
「トゥールビヨン」なんて用語を普通は知りません。
「トゥールビヨンじゃん、すげえ」などと
誰も気付くわけがなく、自慢しづらい、
自慢しても理解してもらえない……。
そのようなこだわり時計に大金を使える
人って何者なのでしょうか。
買えそうな人。松方弘樹、小室哲哉、マリエ、
ジャクソン、スタローン他。

2007/5/10 Thursday

セスナの体験操縦で見た美しき天使の軌跡!

Filed under: 旅行・イベント — taka @ 23:11:44

2年前、takaは2度目のグァム旅行の時、セスナの体験操縦に挑戦した。 
フライトする直前まで雨が降っていて、飛べるかどうか微妙だったが、熱帯地方特有のスコールだったから、猛烈な雨の後はカラっと晴れてテイクオフが可能になった。 
セスナの体験操縦といっても、通常飛行になってからハンドルを持つだけだと思っていたら、離陸の操縦もやってくれという。 
エンジン回転数の調整と移動翼の操縦は教官がやってくれるので、動き出したセスナに心躍りながら、ハンドルを思いっきり引き上る! 
機体はあっという間に飛び立ち、美しい珊瑚の海とホテルを眼下におさめることとなった。 

この爽快感! 

ハンググライダーをやっていたくらいだから、元々、空を飛ぶのは大好きなのだが、こんな爽快感はめったに味わえるものではない。
しかし、このフライトには、さらにすばらしいプレゼントが用意されていた。 
しばらくすると、今まで見たことがないものを目撃することになった。 

「あれは何?」
 

それは、超巨大な丸い虹だった!
通常、地上で見る虹は下半分が地面に隠れてしまうものだ。 
しかし、上空では地面がないので、虹は円形で出現するのである。 
それは、この世のものとは思えない美しさだった。 
教官もこんな虹を見るのは初めてだという。 
「あなたは、私の知ってる中で一番ラッキーな体験操縦士だね!」 
そんな言葉もウワの空で見入ってしまう。 
残念だったのは、カメラを忘れて写真に残せなかったこと。 

でも、あの超巨大な丸い虹は今でも私の心に焼き付いています。
    

 

マスカラ付けすぎると黒い涙になる

Filed under: 映画・DVD, 思い出 — doku-kinoppy @ 12:23:31

茸です。

昨日のPEPEと同様、私も近年片付けられない女化が進んでおり、にっちもさっちも行きません。
どこに何があるのかさっぱりわからんのでたまに片付けると小銭が出てきたりしてなんだか得した気分!うふっ!思い出の品に何年かぶりに再会することもあるよ!きゃっ!

さて現在公開中の『黄色い涙』ですが、原作者の永島慎二先生は昔大変お世話になった方です。
以前勤めていた会社の真裏に住んでらして(永島先生曰く会社の方が裏で自分ちが表だ、という事でしたが)、会社の屋上に上って下を見ると、永島先生のお宅の庭が丸見えでした。広いお庭に大きなプールがあって、魚が泳いでいたっけな。

ご近所さんだったので、永島先生は毎日お茶を飲みに来られてました。お茶を飲んで、煙草吸って、社長と喋って、1〜2時間まったりされて帰られる。毎日その繰り返しです。私達も気軽にお話しさせていただいて、大先生なのに気さくな優しい方でした。
永島先生といる日々があまりに日常だったので、何を喋ったかとりとめなくてほとんど覚えていないのですが、
「今度みんなでハワイに行きましょう。マリファナ吸いに」
って仰っていたのは覚えてます。結局行かなかったけど、行きたかったですな。

ハワイには行かなかったけれど、湯布院と柳川に社員旅行で10日ほど行った時には、永島先生にもご一緒して頂きました。社員旅行に10日て。今にして思えばその間の業務はどうしてたのか、そんなことしてよく月刊誌が出せてたな。

花見では、一緒に着ぐるみを着て頂きました。私はピンクのゴジラ。永島先生は牛。酒に酔ってちょっとエロくなっておられました。その記憶は翌日にはなかったようです。

『かかしがきいたかえるのはなし』という本を担当させていただきました。
もちろん新装版ですが。
担当するにあたり、永島先生の作品を全て読みました。
漫画家っていうのは、魂を削って紙に命を写し込んでいる人のことをそう呼ぶんだ。
そう思いました。
優れた作品を描く人ほどかたわで、幸せな人生を送るために生きているのとは違うのだと。
『漫画家残酷物語』は、数ある名作の中でも特に好きな本です。

それが永島先生とさせていただいた唯一の仕事だったと思います。あとは遊んでばっかりでしたから。
本が出来上がったときに、『ガロ』の初代編集長だった長井勝一氏に呼ばれ、天ぷら屋でお食事をさせていただきました。
「この本を作ってくれてありがとう」
と言われました。

その後すぐ長井勝一氏は亡くなられ、一昨年永島先生も亡くなってしまった。
亡くなられたときは、後悔の念でいっぱいでした。
あんなにお世話になった方だったのに、亡くなられる前は何年も顔も見せなかった。
病状が悪いという話は聞いていたのに。
なんだかいつでも会えるような気がしていたので、わざわざ会いに行くのが恥ずかしかったのかもしれません。阿佐ヶ谷のCobuに行けば、今でも煙草を吸いながら珈琲を飲んでいる永島先生に会える気がする。

そんなわけで当然『黄色い涙』を観に行ったのですが、劇中で嵐の二宮和也演ずる漫画家の青年が、編集者にこんなもん売れるか!もっと売れる物を描け!と言われながらも一夏かけて魂込めて描き上げた作品が『かかしがきいたかえるのはなし』だったのです。もちろん本物じゃないが、永島先生の絵にそっくりな絵で下絵からペンが入っていくかえるが、かかしが見られて、胸が詰まりました。

いやあ、良かった。ホントに。
去年、永島先生のお墓参りに鎌倉に行ったんですが、今年も行こうかな。
「映画、良かったですよー」って言いに。

2007/5/9 Wednesday

上手に片付けしてみたい。

Filed under: 近況・その他 — pepe @ 17:57:47

片付けが苦手、なpepeです。

GWでしたね〜。GWはどこにでかけても激混みなので、基本的にどっかにおでかけとかはしないタイプです。
それでも地元だったり近場をウロウロと買い物したりするんですが、今年はちょっと気合い入れて片付けなんてやってみようかと頑張ってみました!
……1日だけ(ぼそっ)

予定が空いてるのが1日しかなかったので、朝から気合い入れて掃除してやる〜!と思っていたら、起きたのが昼過ぎですでに出鼻くじかれたり…(死んだように眠っていたみたいです)
いつもだったらこの時点で完全にやる気をなくすんですが、今回は絶対片付ける〜!と気合いを入れていたので、昼食もそこそこに掃除スタート!
夜までせっせと部屋の掃除をしていたんですが……終わらなかった…。
大量にある雑誌の整理を中心にやってたんですが、ついつい見ちゃうから作業が遅いのよね。
なんとか雑誌が平積みになっていた部分の床が見えた〜!と思ったけど、CDと漫画は平積みのまま…。
すっごく頑張って掃除したつもりなのに、見渡す光景があんまり変わってません。切ない。
結局どこを掃除したの?と言われるとよく分からない感じ。
普段は物が大量に積んであって開けられないクローゼットの中も整理するつもりだったのに、手が回りませんでした…。
結局クローゼットの中にまた読まない本やら、飾れないおもちゃやらを突っ込むだけ突っ込んで、さらにまたクローゼットの前に行き場のない物を積んで終了。
これは掃除したって言わないのよね…。
そう、物をなかなか捨てられない女なんです。

そしてベッドを振り返ると大量発生しているクマのぬいぐるみ達。
なんだかいつもにぎやかな部屋です。
お掃除マスターに掃除の仕方を教えてもらいたいですわ…!(切実)

2007/5/8 Tuesday

朝起きたら…

Filed under: 健康・料理 — tmr_e @ 21:52:13

腰が痛くて起き上がれませんでした。
そんな時に限って前日会社に携帯を忘れていたり。。

一体全体どうやって誰に連絡を取れというのでしょう?

ていうかこのまま死んでしまったら誰が私を見つけてくれるのでしょう?

やっぱり異臭を不振に思った隣人だったりするのでしょうか?
彼については朝といわず昼といわず夜といわず日がなベースをつまびき
(ちなみに今日も元気にひいていました)
うるさくって、どうか引っ越してくださいと願っていたのですが
もし彼が私の死体の第一発見者になるのならば
もう少し交流を持ったり親切にしたりしておけばよかったと
腰痛の苦しみの中で考えていました。

結局何とか起き上がり(夕方ですが)
出社して今こうしてブログを書いています。

ネタが出来てよかったと思うことにしておきます。

あ、隣人の彼とは今後交流を持つ予定はないです。
(喉元過ぎれば何とやら…ってやつですよ)
とりあえず携帯は肌身離さず持ってようと思いました。

あと、腰痛には背中の筋肉を鍛えるのが有効だと聞いたので
なおったら毎日えび反りでもして背筋を鍛えようと思います。

2007/5/7 Monday

5/7

Filed under: エロ・性癖 — snicker @ 20:22:59

やあやあ。あなたのアイドル、肉祭デ〇よ(はぁと

いきなりですが、私はロリコンです。…こう書くと今時のミナサマは引きまくりでしょうなあ。だが………あえて言おう! 炉利である、と。さて、友達に言われましたが、ロリコンは病気だ、ペドフィリアだーということらしい。まあ、こっちとしても特に異論は無い。性同一性障害みたいなもんだろうな、症状の系統としては。オイラは同年代の女性とも恋愛するからまるっきり症状軽いんだけどねん。しかし、現在のように毛嫌いされるようになったのは犯罪的事由と結び付けられてからだろう。ロリコン=犯罪者というわけだ。この意図的に広められた誤解には辟易する。はっきり言わせていただくと、ロリコンであること、それ自体は犯罪ではないのである。病気かもしれないがナ。ただ単に、歳若い女性に恋をするってだけのこと。何も悪いことないじゃん? …そこで有識者の方はこう唱えるであろう。未成年者に劣情をもよおし、犯罪行為にはしる危険な存在である、と。…じゃあどうなんだ…対象がちびっこでなければ強姦してもいい?買春オーケー?大人を狙った性犯罪は存在しないんだ?へえ、ロリコンじゃないフツウの人たちって立派なんだね〜…。

うん、そうなんだよ。趣向がどうなのかってことと、犯罪を犯すかどうかってことはまるで別問題。というかね…むしろ、本当にちびっこが好きでたまらん奴はね…ちびっ子を傷つけるような真似は許せないものなんだよ…。たぶん…。自分の恋人を傷つけたい奴は居るかい? ほう、君は傷つけたいの…それ、恋じゃないから終わりにしといたほうがいいね。実際にちびっ子が狙われた事件を見てもさぁ…捕まった犯人、だいたいロリコンじゃないでしょ…。どこぞの警官の息子だかも、単に力が弱くて襲いやすいって理由でちびっ子を狙った。この手の問題の引き金になった宮崎某…あれもロリコンじゃないじゃない。「若奥様の生……」なんて本、ロリコンは買いませんよ。彼らは自分の暴力で言いなりにできそうな弱い女性を狙った卑劣な強姦魔であって、彼らのためにロリコンが犯罪扱いになるのは心外なのですよ。本当に子供が好きな奴はね…思いをぐっと内に秘めて我慢するもんですよ。子供は人類の宝ですよ。もっと守ってあげなくちゃいけません…弱者を狙う卑劣な犯罪者供からねぇ。通り魔なんつーのももうね…首はねちゃっていいですよ。ああ、冤罪は困ります。ちゃんと裏とってから処刑してくださいね。

ってゆっか…なんで日本ではレイプ犯死刑にならんのよ? 個人的にとっても邪魔くさいからバカの遺伝子残さないで欲しいんだよねえ。(ま、エライサンの中には困っちゃう人がいるんだろうねえ。罪の無い者を変な理屈でしょっぴくくせにねぇ。民主主義ってものを死ぬまでに一度でいいから見てみたいわあ…)

んー。まあ、なんつか。いい恋しよう。な。

2007/5/2 Wednesday

白花イブキジャコウソウ

Filed under: ガーデニング・ペット — SCAT @ 13:35:01

さて、本日は私・SCATの誕生日でございます。
GWの中日は何かと忙しく、なかなか祝ってもらえないので、
HMV辺りでRUSHの新譜でも買って帰ろうっと。
自分にプレゼントです……セツナイ(>_<。)。

そろそろ芽吹きもひと段落した昨日のこと、
柏駅に向かう途上で、小さなお花屋さんを発見!
ちょい古風な店構えで、好みの山野草なんかあるかしら、
と立ち寄って見ました。

店の前に並んでたのは野菜類が多めでしたが、
山アジサイやオキナグサ、ペチュニアなんかの脇にひっそりとハーブが。
そのいかにも見切り品ぽいカゴの中に、
タイム類に混ざってイブキジャコウソウの白花を見つけて、
つい買っちゃいました!

イブキジャコウソウは日本自生のクリーピングタイムで、
うちの庭にも通常の桃花種が植わってます。
シソ科の多年草で、葉や花など全体から芳香を発します。
俗に言う「タイム」の香りですね。
洋種のものに比べると香りも優しく、花が少々大きめとか。
とはいっても、コケモモなんかと同様に這い性で、
高さはせいぜい10〜20センチくらい、花径も5〜6ミリなので、
満開にならないと目立たないのではありますが……。
芝生代わりに植えてる植物園なんかもあるらしいです。
株の更新が大変そうですね。

で、この白花種、通常種に比べると少し葉の色が明るくて、
香りもオレガノっぽいかなあ(勿論、タイム臭が最も濃厚ですが)。
取りあえず、早く帰って植えてあげたいです(まだ帰ってなかったのかっ!?)!

因みに春植え球根も同時購入。店員さんによると、
今年は地温が低いとかで、
ようやく今頃から植え付けシーズンらしいですね。
宿根アサガオ(ヘブンリーブルー)なんかは、8月くらいに種を撒くと、
秋に開花して長く楽しめるそうです(種撒き時期をずらして次々と開花させるのも良いなあ)。
他にも皇帝ダリアとか勧められましたが、どこに植えろっちゅうんじゃ!
(註:成長すると3〜5メートルになる木立性のダリア。綺麗だしインパクトは凄いんだけど)

現在のうちの庭では、一季咲きと四季咲きのイチゴ、
西別コケモモと件のイブキジャコウソウが開花中。
原種チューリップ(ブライトゼム)、イカリソウ(寿)が満開。
鉢ではザルジアンスキア(ムーンライトフレグランス)、
原種クレマチス(カザグルマ)、八重咲きチューリップ(アバ)、
ゼラニウムの赤花が満開。
他にはガウラ(夕映え)、桃色タンポポが開花中。

夏に向けてどんどん花壇は賑やかになりますが……、
やっぱ写真無いと厳しいよね、このブログ。
どーしたら上げられるのか……おしえてーサミアどーん!!(……ヤバい!?)

私信:一昨日、無事に男児生まれました。
それにつけても年間シートは羨ましいなあ。

2007/5/1 Tuesday

GW……

ここのところ、休み明けの更新が続いているN2です。

さて、世の中はGWとゆ〜コトらしいですな。
天気も良く、お出かけ日和ですが皆さんはどこかに出かけたりしましたか?
オレ?オレは引きこもってますよ……orz
金もね〜彼女もいね〜オレにドコに行けと?
だいたいバイトの身分にはGWなんて迷惑なだけなのですよ。
休日の分だけ給料は減るし、仕事は滞るしでまったくいいコトがないワケ!
テレビで楽しそうにインタビュー受けてる連中を見てると、しんdtjsdgふぃsdhふぃあし…うわっナニを……
 
え〜〜…、かなり暗黒面全開になりそうでしたので、話題を変えましょう……
と言っても特に話題もないのですが……
あぁ、最近は暖かくなってきたので、女性の方も随分と薄着になってきましたね。
目の保養になって大変うれしい限りです☆
う〜〜違う違う、こーゆーネタはオレのキャラじゃない!
あ!リボルテックの新作、セイバーを買いました☆
原型師が今までと違うので、若干動かしづらい部分もありますが、かなりいいカンジですね。
来月にはどこでもいっしょトロも出ますし、黒セイバーの発売も控えてるしリボルテックシリーズは当分目が離せませんな。
はぁ、今回はホントネタがない……
あ、彼女募集中です!って書いたら反応あったりするのかな?
いや、ホントマジで募集中ですから、切実に!
安定した身分も欲しいですな……コチラのほうが切実かもね……orz

« Previous PageNext Page »

HTML convert time: 0.145 sec. Powered by WordPress ME